かのやばら園でばらの花の香りに誘われて甘いひと時を過ごしました。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県は、大きく、
薩摩半島と大隅半島に、
分けられます。

その大隅半島にある、
観光スポットで人気があるのが、
かのやばら園です。

今日は、かのやばら園で、
多くのばらに囲まれてきました。

スポンサーリンク



かのやばら園は最大級のばら園。

かのやばら園は、
鹿児島県鹿屋市にある、
霧島ケ丘公園の一角にあります。

広さが8ヘクタールの敷地に、
なんと、約5万株のばらが、
植えてあるのです。

このバラ園の規模は、
日本最大級と言われています。
鹿児島のちょっとした自慢です。

広大な敷地のばら園は日本最大規模です。

春と秋にばら祭りが開催。

私が行ったのは、
ばら祭りの開催期間です。

毎年、春と秋には、
ばら祭りが開催されて、
多くの見学者で賑わいます。

駐車場には、
鹿児島県だけでなく、
宮崎や熊本のナンバーもありました。

県外ナンバーの車も沢山来ていましたよ。

入口で入園券を買いました。

かのやばら園の入り口で、
まずは入園券を自販機で購入します。
ばら祭りですのでお客様も多いです。

実は、バラ祭りの期間は、
春の4月~7月と秋の10月~12月、
この時の入園料は大人620円です。

それ以外の期間は、
半額の310円になるのです。
ばら祭りには経費がかかるのかもね。

入口の券売機で入場券を買います。

ばらの花たちに迎えられます。

かのやばら園内に入ると、
ばら園全体が下るように広がっています。
そのために全体が見渡せます。

広い園内は、
それぞれのテーマごとに、
ばらの花が分けられています。

かのやばら園はここからスタートです。

順路に沿って、
ばら園内を散策できます。
なんだかワクワクしてきました。

スポンサーリンク



イングリッシュガーデンもあります。

ばらの花は、
私のイメージでは、
ヨーロッパの庭園を思い出します。

なかでもイギリスですかね。
イングリッシュガーデンは、
私のイメージピッタリです。

イングリッシュのローズガーデンです。

懐かしいビートルズの音楽が流れて、
気分を盛り上げてくれます。

イングリッシュガーデンの中央にある像です。

ロイヤルガーデンでは。

様々なばらの中には、
イギリスやフランスの、
王族貴族の名前がついたもの。

そんなばらだけを、
集めたのが「ロイヤルガーデン
いっぱいあって覚えられません。

淡いピンクの色に気品を感じます。

香りのガーデンでは甘い香りに誘われて。

ばらには様々な香りがあります。
香りの良いばらを集めたのが、
香りのガーデンです。

私の若いころには、
グループサウンズのブルーコメッツの
ブルーシャトウが流行りました。

ブルーシャトウの歌詞の中にある、
♪赤いばらの ばらの香りが苦しくて♪
思い出してしまいます。

♪赤いばらの ばらの香りが苦しくて♪

なぜかばらの花を見ると、
いつもこの歌詞が出てくるのです。
甘い香りが漂う香りのガーデンです。

スポンサーリンク



恋人の聖地で鐘を鳴らす。

とてもロマンチックな場所があります。
それが恋人の聖地です。
純白のバラに囲まれます。

ローズチャペルのバラは純白です。

ローズチャペルと呼ばれる、
白いバラの丘には、
幸せの鐘があります。

なんともロマンティックな、
ローズチャペルで、
永遠の愛を誓って下さいね。

君等にはその鐘をつくのは早いかもね。

オリジナルのバラソフトが甘い。

ローズチャペルの、
甘い二人のためにさらに甘くて、
美味しいものを用意しました。

すぐそばには、
ドリンクスタンドがあります。
そこにはばら園オリジナルの、
バラソフトがあるのです。

オジサンも、
美味しそうなピンクの色に、
誘われてしまいました。

ばらソフトのピンク色が美味しそうです。

お土産はばら尽くし。

バラ園の最後には、
売店が待っていますよ。
かのやばら園のお土産が並びます。

ばらのお菓子に、
ばらの香りにと、まさに、
ばら尽くしの品がいっぱいです。

売店の商品もばら一色です。

また売店前のレストランでは、
薔薇カレーなるものがあります。
今回は試しませんでしたが、
まさにばら一色の一時でしたよ。

かのやばら園
鹿児島県鹿屋市浜田町1250
電話 0994-40-2170
時間 9:00~17:00
(ばら祭り中は18:00まで)
休園 月曜日(祝日の時は翌日)
(ばら祭り期間中は無休)
駐車場 無料 1,300台
垂水フェリー垂水港より車40分
桜島フェリー桜島港より車60分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする