西郷南洲翁宿所跡を南大隅町の根占に訪ねました。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県の大隅半島を、
あちこちと歩いています。

大隅のまちには、
歴史的な史跡がいくつかあります。
特に西郷どん(西郷隆盛)の、
ゆかりの地があります。

それは狩猟好きな西郷どんが、
大隅の山野を駆け巡っていたからです。
狩猟の際に宿泊していた家があるのです。

スポンサーリンク



南大隅町の西郷南洲翁宿所跡。

そんな西郷どん(西郷隆盛)の、
宿泊していた家を訪ねてきました。

その家は南大隅町にあります。
町の指定文化財で、
西郷南洲翁宿所跡」と呼ばれます。

町役場からは、
歩いて10分ほどの海岸沿いに、
ありました。

根占の西郷南洲翁宿所です。

宿泊先は他にもあります。

狩猟好きな西郷どんは、
大隅の各地に宿泊していますが、
他には高須のまちにもあります。

高須のまちは、
鹿屋市にありますが、
宿泊していた家は残っていません。

西郷ゆかりの地の案内板と、
当時使っていた備品が、
近くの南洲庵にあります。

高須のまちにも狩猟に来ていました。高須のまち

家の本屋は当時のままです。

その家に行くと、
西郷南洲翁宿所」の、
看板がありました。

現在の家は、
後の改造で、屋根が瓦になり、
ガラス窓に変わりました。

しかし本屋は、西郷どんが、
泊まっていた当時のままなんです。
当時のままの家に感動しました。

瓦と窓ガラス以外は当時のままです。

庭には西郷どん使用のものが。

家の庭には、
西郷どんが使っていた、
手水鉢石風呂があります。

手を洗った鉢や石風呂が残っています。

また西郷南洲翁の、
宿所を示す石碑もありました。

それにしても、この石風呂は、
大きな身体の西郷どんには、
ちょっと小さいような気がします。

西郷さんの身体には小さいかも。

石風呂に浸かるというよりは、
風呂の外で身体の汗を、
流していたのでしょうかね。

スポンサーリンク



西郷どんは人家を好んだ。

西郷どんはここ根占には、
3回宿泊したそうですが、
いつもここにお邪魔していました。

平瀬家というお宅ですが、
西郷どんは、旅館より、
人家に泊まる事を好んだそうです。

鰻池の温泉地でも人家に泊まっています。鰻池温泉もゆかりの地

そういえば、
鹿児島県の各地に訪れていますが、
人家に泊まった話を良く聞きます。

川内高城温泉も西郷どんゆかりの地です。川内高城温泉です。

西郷どんと同じ空気に感動。

家の中も拝見出来ました。
西郷どんが当時使っていた品々が、
展示されていました。

西郷どんが使っていた品々もあります。

決して広い家ではありませんが、
何となく落ち着ける、
当時のままの家です。

あの西郷どんが泊まった家で、
西郷どんと同じ空気を、
吸っているいような気がして、
本当に感動してしまいました。

あの西郷さんがいたかと思うと感動です。

暴発の跡が残っています。

この西郷南洲翁宿所には、
西郷さんの生々しい傷跡として、
猟銃が暴発した跡が残っています。

それは西郷さん猟銃の弾が、
暴発して天井の板を貫通した跡です。
弾痕」と書いた紙があります。

暴発した弾痕の跡が生々しいです。

この穴も西郷さんか、
と思いながら見ていると、
またまた感動してしまいました。

猟銃の扱いには、
気を付けていたでしょうが、
ビックリした事でしょうね。

スポンサーリンク



西南の役の直前に宿泊していた。

やがて始まる西南の役の、
きっかけになる私学校の生徒達が、
起こした事件があります。

西郷さんは、その報を、
この家に滞在中に聞いて、
ちょ、しもた」と言ったそうです。

その後、錦江湾を、
翔ぶがごとく」の早船で、
鹿児島へ帰ったそうです。

西南の役のきっかけになる事件をここで聞きました。

西南の役前の最後の宿泊地。

事件の報を聞いたのは、
先ほど鹿屋市の高須の地で、
あったと言う説もあります。

南大隅町と高須のまちに、
よく滞在していたとの事は、
間違いありません。

でも高須のまちには、
迎えに来た早船の漕ぎ手の、
詳しい話が残っています。

つまり、南大隅で報を聞き、
高須の田中邸に立寄り、
高須から鹿児島にむかったと、
私は思っているのです。

大隅での最終の地は高須の説もあります。

西郷南洲翁宿所跡の見学。

そんな激動の歴史を感じる、
西郷南洲翁宿所跡を見てきました。

今回は管理人の方がいましたが、
普段は西郷南洲翁宿所跡の、
家には鍵がかかっています。

見学希望の方は、
南大隅町に事前に連絡する、
必要がありますよ。

西郷南洲翁宿所跡
鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北38番地
見学  通年・無料
問合せ 0994-24-3164(南大隅町)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする