雄川の滝への1.2キロの遊歩道の先にはエメラルドグリーンの滝つぼが待っていました。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県の南大隅の旅で、
あちこちの観光スポットや、
歴史スポットを訪れました。

今日は、今回の旅の、
最終目的である、
雄川(おがわ)の滝を目指します。

うわさ通りの、
エメラルドグリーンに輝く、
滝つぼが本当にあるのか、
確かめてきました。

スポンサーリンク



南大隅町の諏訪神社から向かいます。

南大隅町に鎮座する、
諏訪神社の並列鳥居を見て、
神社の前の道を進みます。

並列鳥居の諏訪神社。諏訪神社

しばらく山あいの道を走ると、
雄川の滝を示す、
看板がありました。

看板を右折して、
そのまま進むと雄川の滝の、
駐車場に着きます。

雄川の滝まで1.2キロです。

駐車場には誘導の方がいます。

駐車場は30台ほどの広さです。
驚いたのは誘導の方がいました。

最近は、雄川の滝も人気で、
訪れる方も多いそうです。
県外ナンバーも目立ちましたよ。

駐車場から滝つぼまでは、
なんと約1.2キロの遊歩道を、
進むことになります。

滝つぼにすぐに行けるのかと、
思っていましたので、がっくりです。
みなさんも気を付けて下さいね。

雄川の滝への案内看板。

杖やトイレが用意してあります。

気を取り直して、
遊歩道を進むことにしました。

入口には、地元の方が、
用意してくれた杖(つえ)を、
お借りすることにしました。

ここに仮設トイレもあります、
滝つぼまではありませんので、
済ませておくことをお勧めします。

用意された杖をお借りしました。

遊歩道は整備はされてますが。

遊歩道は、
整備されていますので、
思ったより歩きやすいでした。

遊歩道は整備されいますが長い。

ただし、山からの湧き水が、
遊歩道を濡らしている場所も、
ありますので気を付けましょう。

スポンサーリンク



滝つぼまではトレッキング。

やはり1.2キロの、
滝つぼまでの道のりは長いです。

また勾配もあるので、
ちょっとした山歩きの道です。

そのために、
動きやすく、歩きやすい、
トレッキングの服装をお勧めします。

トレッキングの服装がお勧めですよ。

清流の音に癒されます。

長いと思っていた遊歩道も、
慣れてくると、
山の緑を楽しむ余裕が出てきます。

雄川の滝の川辺を進むので、
川のせせらぎが、
心地よく聞こえてきます。

山登りの楽しみは、
こんな清流の音に癒されて、
自然と一体になることなんですかね。

川のせせらぎの音が心地よいです。

やがて雄川の滝が見えてきました。

雄川の滝の見学者も多く、
行き交う人とすれすれ違うと、
お互いにあいさつを交わします。

自然の中では、
あいさつも自然と出るので、
不思議ですよね。

そうこうしていると、
雄川の滝の音が聞こえて、
滝の展望台が見えてきました。

雄川の滝の展望台が見えました。

雄川の滝の展望台に到着。

やっと着きました。
雄川の滝の展望台です。
ここからは雄川の滝が一望です。

エメラルドグリーンの雄川の滝。

雄川の滝には、
崖の上から流れ落ちる、
二つの滝があります。

それと崖の途中から、
流れ出る滝があります。
こちらの滝は珍しいです。

それと話し通りの、
エメラルドグリーンの滝つぼ、
その美しさに見とれました。

スポンサーリンク



展望台は今年の8月に完成。

展望台は2階建ての木造りです。
皆さんここから、雄川の滝を、
ゆっくりと楽しんでいます。

でもこの展望台は、
今年の8月に完成したそうです。

それまでは、いったい、
どこから見ていたのでしょうかね。

展望台から雄川の滝を見れます。

パワースポットの滝で脚光。

しばらく、岩から流れ出る滝と、
エメラルドグリーンの滝つぼに、
見とれていました。

雄川の滝が神秘的に感じて、
なにか神々しく見えて、
いつまでも見続けていたい、
そんな気持ちになりました。

雄川の滝は、
大河ドラマ「西郷どん」の、
タイトルバックで使われました。

そのことから有名な滝になりましたが、
同時にその神秘性から、
パワースポットとして脚光を浴びています。

まさに、このエメラルドの滝から、
不思議な力を頂くことができる、
滝のパワースポットと言えますね。

途中から流れ出る滝は神秘的。

注意することは。

雄川の滝を見ての帰り道に、
気がついた注意書きがありました。

それによると、
滝つぼでの遊泳はできません。
夜間の立入はご遠慮ください。

悪天候や、
雨量が多くなった場合は、
遊歩道への立ち入りを禁止します。

雨が降っているときは、
問合せた方が良いでしょうね。

美しい雄川の滝にも、
自然の厳しさがあるのですね。
気をつけて見に行って下さいね。

水量が多いと立入禁止なることも。

西郷どんのゆかりの地。

雄川の滝は、
西郷どん」でも使われたように、
西郷隆盛のゆかりの滝です。

西郷どん(西郷隆盛)は、
雄川の滝の近くで狩猟をしたので、
きっと雄川の滝も眺めたと思います。

また同じ南大隅町には、
狩猟の時に宿泊していた、
西郷南洲翁宿所跡があります。

雄川の滝(おがわのたき)
鹿児島県南大隅町根占川北12222
駐車場  30台・無料
問合せ先 0994-24-3115
(南大隅町役場・観光課)
(雨天時は問合せましょう)
鹿児島中央駅からフェリー経由で、
車で約2時間10分。
桜島フェリー乗船時間15分
鴨池・垂水フェリーは45分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする