吹上・吉利の町には、南海キャンディーズ山ちゃんの親戚がやっている幻のラーメン屋(山里ラーメン)に行ってみた。

鹿児島の歩き方です。

今日は鹿児島県の日置市、
吹上町に来ています。

吹上町は、
日本三大砂丘の一つ、
吹上浜がある町です。

ここには、
昔から温泉が湧いていて、
あの西郷どん(西郷隆盛)も、
良く訪れていた吹上温泉があります。

スポンサーリンク



吹上町の永吉に幻のラーメン屋。

吹上温泉で、
西郷どん(西郷隆盛)ゆかりの、
中島温泉旅館で湯に浸かりました。

温泉に入った後は、
車で10分程の所にある、
永吉という町に行きました。

永吉には、
あの南海キャンディーズの、
山ちゃんの親戚がやっている、
幻のラーメン屋を訪ねました。

西郷隆盛来遊の地、西郷どんゆかりの吹上温泉。

なぜ幻なのか。

その幻のラーメン屋さんは、
山里ラーメンという名前なのですが、
とにかく場所が分かりにくいのです。

永吉という町にあるのですが、
お店にはラーメン屋さんの、
看板ものれんも何もないのです。

永吉の町にいって、
地元の方に聞かないとわからない、
幻のラーメン屋さんなのです。

農協のストアーで聞きました。

こうなってくると、
どうして行ってみたくなります。

まぼろしで、しかも、
南海キャンディーズの山ちゃんの、
親戚がやっているのですから。

農協のストアーで、
山里ラーメンさんの場所を、
教えてもらいました。

山里ラーメンは、
県道35号線沿いにありましたが、
外観は普通のお宅でした。

手前の家が幻の山里ラーメンさんですよ。

小さなお店に入りました。

山里ラーメン屋さんは、
テーブル席と座席で12席程の、
小さなお店です。

山里ラーメンはテーブル席が8席と座敷が4席だけ。

お店には、女性が二人、
どうやら親子と思われます。
お母様はご高齢のようでした。

テーブル席にすわり、
ラーメンとご飯を頼みました。

スポンサーリンク



山ちゃんの写真がありました。

お店の壁には、
南海キャンディーズの色紙や、
山ちゃんの写真が飾ってあります。

南海キャンディーズのハンカチが飾ってあります。

間違いなく、
親戚の方がやっている、
ラーメン屋さんのようです。

山ちゃんのお父様筋で、
今でもお父様が、
時々お見えになるそうですよ。

へえ~、山ちゃんって昔はイケメンだったんだ。

幻のラーメンが来ました。

山里ラーメンはシンプルです。
定番のチャーシューに、
もやし、ネギが乗っています。

スープは、
鳥ガラの醤油ラーメンです。
なんだか懐かしい味です。

こだわりのラーメンが多い、
最近のラーメン屋さんに比べて、
昔ながら素朴なラーメンでした。

シンプルながら昔ながらのラーメンです。

ご飯も美味しかった。

一緒に頼んだご飯も、
非常に美味しかったです。
新米だったかもしれません。

お支払いをしてビックリ、
ラーメンとご飯で450円なり。
や、安いです。

儲けることよりも、
ボチボチとやっている、
そんな山里ラーメンさんでした。

ラーメンもご飯も美味しかった、しめて450円です。

これからも幻でやっていきます。

山里ラーメンさんが、
看板やのれんも出さないのは、
訳がありました。

多くのお客様が見えると、
ラーメンを提供するのに、
無理があるらしいのです。

そのため、これからも、
ゆっくりと、ボチボチと、
やって行くそうですよ。

その意をくんで、
山里ラーメンさんの住所は、
掲載いたしておりません。

あなたも吹上町の永吉にある、
幻の山里ラーメンさんを、
探しに行ってみませんか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする