龍門滝は日本の滝百選にも選ばれた薩摩の名所です。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県の姶良市、
加治木町には市街地の近くに、
大きな滝があります。

古来より、
薩摩の名所として、
知られている滝です。

その滝の名前は、
龍門滝(りゅうもんのたき)

スポンサーリンク



高速道路から見えます。

龍門滝はJR加治木駅から、
なんと車で5分の場所にあります。
大きな滝なのに町のそばです。

加治木の町を通る、
九州自動車道の高速道路から、
見えるのですよ。

鹿児島空港へ向かう道から、
正面から左側に、
白く流れる滝があります。

龍門滝は高速道路からも見ることができます。

龍門司坂のすぐ近くです。

龍門滝の近くには、
歴史の道百選に選ばれた、
龍門司坂(たつもんじさか)があります。

薩摩藩の主要な街道で、
西郷隆盛が西南戦争では、
龍門司坂を進軍しました。

龍門滝と、
龍門司坂はすぐ近くですので、
同じ駐車場を使うことになります。

龍門滝の龍は「りゅう
龍門司坂の龍は「たつ」です。
龍の読み方が別でおもしろいですね。

龍門滝の周辺には遊歩道があります。

駐車場は滝の上になります。

駐車場から、
龍門滝のほうへ遊歩道を進むと、
やがて滝が見えてきます。

遊歩道を進むと、
龍門滝の展望台に出ます。
展望台から滝を見下ろします。

龍門滝は季節によって、
流れ落ちる水量が大きく変化します。
今日は水量が多いようです。

龍門滝は季節により水量が大きく変化します。

名前の由来は。

昔、唐人がこの滝を見て、
「漢土の龍門の滝を見るがごとし」
と言ったことから龍門滝と、
呼ぶようになったといわれます。

島津忠常も和歌に詠むなど、
薩摩藩内で随一の滝として、
昔から知られています。

日本の滝百選の一つ。

龍門滝は、
日本の滝百選の一つに、
選ばれています。

高さは46メートルで、
幅は43メートルの龍門滝も、
雄大な水の流れです。

鹿児島には他にも、
様々な滝がありますよ。

ライトアップされます。

龍門滝は夜間には、
ライトアップされるそうです。
きっと幻想的な滝なんでしょうね。

今日はあいにくと、
夜まではおれませんでした。

かわりに、
東洋のナイアガラと呼ばれる、
曽木の滝のライトアップをどうぞ。

近くにある龍門滝。

名滝と云われるものは、
多くの滝が市街地から、
遠く離れた山の中にあります。

しかし龍門滝は、
海にも近い町のそばです。
JR加治木駅からもすぐ近く。

手軽に行けて、
迫力ある水の落ちる姿を、
見ることができるのですよ。

手軽に行ける龍門滝に虹がかかります。

龍門滝(りゅうもんのたき)
鹿児島県姶良市加治木町木田5266-1
問合せ 0995-66-3111
(姶良市商工観光課)
駐車場 20台
鹿児島市街地より車で約25分
鹿児島空港より約25分
JR日豊本線加治木駅より車で約5分

鹿児島市内の観光情報を知りたい方はこちらから。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方 観光情報は、
主に鹿児島県の地方情報に限って書いてます。

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内」のサイトを、
ご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする