日本一のツルの渡来地、出水のツル観察センターで天然記念物のツルを見てきました。

鹿児島の歩き方です。

今日は鹿児島県の出水市にある、
ツルの渡来地に来ています。

毎年、10月中旬から、
12月にかけてツルが越冬するために、
シベリヤからやってきます。

ことしも一万羽を越えるツルを、
荒崎にあるツル観察センターから、
じっくりと眺めてきました。

スポンサーリンク



荒崎の田んぼを進みます。

国道3号線の、
荒崎入口交差点を干拓地方面に進みます。
交差点を反対側に行くと、
素敵な農家レストラン「三蔵」があります。

農家レストラン三蔵(みくら)です。農家レストラン三蔵

進むにつれてツルの姿が見えてきました。
沢山のツルが群れています。
遠くからでもツルの鳴き声が聞こえます。

だんだんとツルの数が増えてきました。

ツルはつがいや親子で、
いつも行動をともにするという、
家族愛に満ちた鳥なのだそうだ。

ツルは家族愛に満ちた鳥なんて知らなかった。

ツル観察センターに着きました。

目的のツル観察センターに着きました。
ツルをじっくりと見るなら、
観察センターがおすすめです。

ツルが飛来するのは冬の時期です。
この時期は野外は寒いので、
建物の中からゆっくりで見たいのです。

センターの入口には、
今日現在のツルの、
飛来数が表示されているのですよ。

いつも思うのですが、
ツルの数って、どうやって、
数えるのですかね。

出水ツル観察センターです。

2階から眺めます。

観測所の一階には、
カフェがあってコーヒーを、
飲みながらツルを眺めることができます。

でもやはり2階がおすすめです。
階段をのぼると、
様々な鳥の卵が展示してあります。

ツルを初め、
大きなダチョウの卵や、
ウミガメの卵までありました。

鳥の卵ですが色紙の名前が気になりました。

無数のツルに感動します。

目の前に飛び込んできたのは、
無数のツルの群れです。
あまりの多さにビックリします。

目の前にはツルがいっぱいです。

観察センターの前の道には、
エサが巻かれるそうです。
そのためか田んぼの道には、
様々なツルが集まっています。

ツル観察センターからゆっくりと見られます。

荒崎の空を、
ゆうゆうと飛ぶ姿をみると、
感動してしまいますよ。

ツルの飛ぶ姿が美しいですね。

国の天然記念物です。

出水のツルは、
主にナベツルマナツルです。
ここ最近は1万羽を超える飛来数です。

そして出水のツルは、
国の天然記念物に指定されています。

これだけの数が、
人里近くで越冬するのは、
世界を探してもないそうです。

この時期に鹿児島の出水に、
来る機会があったら、
ぜひツルを見てもらいたいですね。

ツル観察センターの1階はカフェと売店です。

ツルを見た後は、
出水市の麓武家屋敷に行きました。
薩摩の最強武士が暮らした所です。

出水の麓武家屋敷です。出水の武家屋敷

出水市ツル観察センター
鹿児島県出水市荘2478番地4
電話   0996-85-5151
営業時間 9:00~17:00
駐車場  大型バス:20台、乗用車:172台
料金   大人:210円
子供(小・中学生):100円
営業期間 11月1日~翌年3月第4日曜日
休日   期間中無休
・国道3号の荒崎入口交差点から、
干拓地方面へ車で5分
・九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道
「出水駅」から車で20分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする