「カキ小屋いずみ」はツルの期間だけの限定オープンです。

鹿児島の歩き方です。

今日は、
鹿児島県の出水市に来ています。
出水は何と言ってもツルの町です。

シベリヤから、
ツル達が越冬のために、
人里近くの場所まで飛来します。

毎年、1万羽を超える数の、
ツルがやってきて、
優雅に飛ぶ姿が見られます。

スポンサーリンク



ツル観察センター。

それらのツルを見ようと、
県内外から多くの方が、
出水にやってきます。

ツルが集まる場所には、
ツル観察センターがあって、
ここからはツルが良く見えますよ。

ツル観察センターは、
ツルの飛来時期にオープンします。
詳しくこちらからどうぞ。
ツル観察センターからのツル達

ツル観察センターです。

センターの敷地内にカキ小屋。

ツル観察センターの敷地内には、
同様にツルが来る時期だけ、
開く飲食店があります。

その飲食店の名前は、
カキ小屋いずみツル観察センター店。
なんとカキ小屋があるのです。

ツルを見た後に、
寄ってみましたので、
少し紹介しますね。

敷地内にカキ小屋がありました。

期間限定でオープン。

カキ小屋いずみがオープンするのは、
毎年11月1日から翌2月末日まで。
ツルの飛来時期だけです。

営業時間も、
11:00から15:00オーダーストップの、
夕方までです。

ツルが見られる、
お昼の時間だけなんですね。
でも期間内はお休みがありません。

ツルが飛来する時期だけの営業です。

本店は出水市街地にあります。

カキ小屋の本店は、
出水の市街地にあります。

こちらは、
年中営業している、
カキ料理を出す居酒屋です。

居酒屋なので、
逆に夜17:30からの営業で、
お休みは日曜日です。

スポンサーリンク



バーベキューよろしく。

カキ小屋は、
やっぱり冬の風物詩ですよね。

網の上には、
カキを始め海の幸を、
バーベキューよろしく焼きます。

みんなでワイワイ言いながら、
火を囲んでカキを、
食べるって最高ですよね。

カキ小屋の店内です。

カキ定食がお勧めです。

カキを焼きながら、
ゆっくりと食べるのもいいですが、
時間が無い時は定食がおすすめ。

カキ定食(1,500円)は、
焼きたてのカキに、
カキの炊き込みご飯がついてます。

カキ好きには、
たまらないカキ三昧の定食です。

カキ焼き定食がお勧めです。

さらに時間の無い方には。

さらに時間が無い方には、
持ち帰りのカキもあります。

持ち帰りもできますよ。

実は、私は鹿児島市内から、
ツルを見に来ました。
途中で昼食を食べてしまったのです。

それに帰りの、
移動時間もあったので、
持ち帰ることにしました。

スポンサーリンク



車のなかで食べちゃいました。

それでも帰りの車の中で、
焼きカキを食べてしまいました。

さすがに、海のミルクと、
呼ばれるだけあります。
美味しい濃厚な味が口に広がります。

カキは小ぶりですが美味しかった。

次に来るときは、
時間に余裕も持って、
お昼の時間に来なくちゃ。

でも冬の時期だけだよな、
と思いつつ帰りました。

すぐそばにある、
農家レストラン三蔵(みくら)も、
オシャレなお店でお勧めですよ。

「カキ小屋いずみ」
鹿児島県出水市荘2478番地4
出水市ツル観察センター敷地内
営業時間:10:00~夕方
電話:0996-85-5551

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする