指宿らーめん 二代目で「本枯節」を使ったご当地ぐるめの勝武士ラーメンを食べてきました。

鹿児島の歩き方。

皆さんの地域にも、
ご当地グルメってありますか。
鹿児島県内の各地にも、
美味しいご当地グルメがあります。

そのご当地グルメを食べようと、
鹿児島市内からやってきたのが、
温泉で有名な指宿市です。

ここに何やら、
地元特産のかつお節を使った、
変わったラーメンがあるというのです。

スポンサーリンク



指宿らーめん 二代目

そのラーメン屋さんは、
指宿市役所の隣りにありました。
その名前はというと。

元祖 指宿ラーメン 二代目
二代目というのは、
店主の息子さんが切りまわしているから。

なんでも、初代の親父さんは、
どさんこ」という名前で営業して、
指宿で初めて味噌ラーメンを始めたそうです。

二代目になって、
店名をかえて店内も改装。
おかげで、きれいなお店でしたよ。

新しくなった指宿らーめん二代目

勝武士ラーメンを注文しました。

早速、
ご当地ラーメンを注文しました。
まあこれを食べに来たわけですから。

名前は、
勝武士(かつぶし)ラーメンです。
かつお節を使っているからですね。
いつでに「けいはん」もお願いしました。

それにしても、
かつお節から勝武士とは。
強そうな名前ですね。

勝武士ラーメン750円を頼みました。

かつお節の出汁が効いています。

勝武士ラーメンとけいはんが、
やってきました。

スープはあっさりしていますが、
かつお節の出汁(ダシ)が効いて、
とても美味しいですよ。

勝武士ラーメンにはかつお節がのってます。

かごしまラーメンは、
やっぱりとんこつ味が多いのです。
私は、どちらかと言いますと、
「こってり」派なのです。

こんな私でも、
かつお節の出汁のスープも、
ありありですね。

スポンサーリンク



本枯れ節を使用しています。

この勝武士ラーメンで、
使用しているかつお節は、
本枯節(ほんがれぶし)なのです。

本枯節とは、
指宿の隣り町・山川で作れる、
最高級のかつお節のことです。

なんと証明証もありました。
そういえば指宿の道の駅にも、
山川のかつお節が売っていたな。

「けいはん」もいけますよ。

勝武士ラーメンと、
一緒に頼んだ「けいはん」。
ラーメンのスープをかけます。

まあ、リゾットですね。
よくトマトラーメンなどで、
お勧めの食べ方ですよね。

かつお出汁をかけて食べると、
出汁とご飯がマッチして、
これはまた美味しいでした。

かつお節の出汁スープでけいはん。

本当のけいはんとは。

けいはんとは、
本当は奄美の郷土料理なんです。
鶏飯」と書きます。

ご飯に様々な具材をのせて、
それに鶏のスープをかけて、
食べる奄美を代表する料理です。

二代目さんでは、
鶏ではなくてかつおのスープを、
かけるので「けいはん」なのです。

スポンサーリンク



ご当地ラーメンは美味しかった。

勝武士ラーメンは、
うわさ通りのご当地グルメでした。

勝武士ラーメンは、
二代目さんが最初に考案されました。

現在は、ご当地グルメとして、
指宿市内の6店舗でも、
食べられるようになりました。

これからも、
勝武士ラーメンが、
指宿を盛り上げることでしょうね。

元祖 指宿らーめん 二代目
鹿児島県指宿市十町412-2
電話   0993-23-4035
営業時間 11:00~14:30
17:00~22:00
定休日  木曜日
駐車場  20台

指宿市の美味しいおそば屋さん

勝武士ラーメンもいいけど、
指宿駅のすぐ近くには、
美味しいおそば屋さんがありますよ。

長寿庵さんは、
地元の食材を使った、
料理も楽しめる素敵なお店です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする