無人駅の薩摩高城駅に豪華列車ななつ星IN九州が停車するのはなぜ?

鹿児島県の西側の海岸線は、
県内有数の景勝地です。

その美しい海岸線を走るのが、
肥薩おれんじ鉄道です。

ほとんどが無人駅ですが、
その中の薩摩高城駅に寄ってきました。
薩摩高城は(さつまたき)と読みます。

スポンサーリンク



国道3号線沿いにあります。

薩摩高城駅は、
国道3号線沿いにあります。
国道からは下に降りていきます。

広くはありませんが、
駅の駐車場に車を停めて、
ホームに出てみました。

何もない無人駅ですが、
観光列車おれんじ食堂が、
停車すようになってから注目されました。

肥薩おれんじ鉄道の薩摩高城駅

ななつ星IN九州まで停まります。

さらに2016年からは、
JR九州の豪華列車ななつ星IN九州が、
停車するようになりました。

JR九州のななつ星は、
肥薩おれんじ鉄道の路線を借りて、
景色の美しい路線を走ります。

そのななつ星が、
毎週木曜日だけではありますが、
停車するのです。

ホームにあったななつ星の停車プレート

無人駅で何もないのに。

薩摩高城駅は無人駅で、
駅の周りにも何もありません。
あるのは防砂林だけです。

海からの砂が、
線路に堆積しないように、
防砂林が設けられています。

でもその防砂林の向こうに、
おれんじ食堂ななつ星IN九州が、
停車する理由がありました。

駅の構内には防砂林があります。

そこには絶景が広がっていました。

薩摩高城駅から海へと続く、
防砂林には、散策出来る道が、
整備されています。

防砂林には散策できる道が整備されました。

この道は、
おれんじ鉄道の職員や、
地元の方が整備したそうです。

その道をすすむと、
海の絶景が広がっていました。
そうかこの景色が停車の理由でした。

スポンサーリンク



湯田川の河口に広がる景色。

海の絶景と言っても、
あまり見たことがないものでした。

手前には、
近くを流れる湯田川の、
河口の砂浜が広がります。

そして入り江の海があり、
その向こうには岬と、
雄大な東シナ海で作った景色です。

この海を見るために停車していたのです。

放ちの鐘を鳴らしました。

放ちの鐘がありました。
これは念じてたたけば、
今までの悪い事を解き放つ鐘です。

この地に残る、
菅原道真公の下げ潮伝説による、
言い伝えから来ているそうです。

伝説から「放ちの鐘」がありました。

道真公の下げ潮伝説とは。

左遷された大宰府から、
身の危険を感じた道真公は、
湯田川河口に船で逃れます。

そこで鈴を鳴らすと、
たちまち潮が引き、
船が沖に流れ消えてしまいます。

その時に自分の放し事までも、
一緒に持っていったそうです。

近くに藤川天神が鎮座します。藤川天神

身軽になった道真公は、
山を越えた藤川の地(藤川天神)で、
余生を過ごしたという伝説です。

スポンサーリンク



ハートロックはパワースポット。

また対岸の岩壁には、
ハートロック」と呼ばれる、
ハート型に造形された岩肌があります。

季節や時間によって、
見えたり見えなかったりする、
幻のハートロックです。

ハートの形をしたハートロックがあります。

ハート型の穴がある、
ロックオンスペースから、
念じると見えるかもしれません。

ハートロックは、
愛情運や恋愛運を叶えてくれる、
パワースポットなのです。

ロックオンスペースから探しましょう。

薩摩高城駅は楽しい駅でした。

薩摩高城駅は、
構内に海がある珍しい駅でした。
海と河口の景色を楽しんできました。

その海には、
菅原道真公の伝説が残り、
パワースポットもありました。

次回も近くに来たら、
立寄ってみたくなる駅でした。

薩摩高城(さつまたき)駅
鹿児島県薩摩川内市湯田町
肥薩おれんじ鉄道の無人駅
駅舎はないけど駐車場あり。

薩摩高城駅のそばには、
西郷隆盛の愛好の湯である、
川内高城温泉がありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする