歴史国道の白銀坂の石畳みを歩いて昔を偲びました。

鹿児島の歩き方です。

今日は、
鹿児島県姶良市の、
脇元に来ています。

ここには、
薩摩藩の主要街道の1部分が、
坂道として残されています。

その坂道は、
石畳になっていて、
白銀坂(しらがねざか)と呼ばれます。

その白銀坂を歩いて、
昔の面影を偲んできました。

スポンサーリンク



薩摩と大隅の境。

白銀坂は、
姶良市の脇元から、
鹿児島市の牟礼ヶ岡までの道です。

この坂道がある山並は、
古代の薩摩国と大隅国との、
国境でありました。

白銀坂は、
国境を接する、
重要な場所でもあったわけです。

大口筋の白銀坂です。

江戸時代は主要街道。

江戸時代になると、
白銀坂は薩摩藩の主要街道の、
一つになりました。

それは鹿児島の城下から、
熊本に抜ける薩摩街道「大口筋」の、
難所の坂道として知られました。

白銀坂は登山口からスタートです。

あの西郷隆盛が、
西南の役で熊本に向かった、
龍門司坂も大口筋の一つでした。

龍門司坂(たつもんじさか)は、
白銀坂より、先の加治木町に、
同じ石畳の道が残っています。

白銀坂の先には龍門司坂があります。

急こう配の坂道。

白銀坂は、
現在2.7キロが残っています。

その高低差は、なんと、
300メートル以上もあるのです。

白銀坂は急こう配の道なのです。

その急こう配には、
石畳が敷かれていますが、
歩くと大変な道でした。

昔の人は、
こんな急な坂道を、
街道として歩いていたのですね。

スポンサーリンク



やっと、海岸沿いの道が開通。

明治時代になると、
現在の国道10線のもとになる、
錦江湾沿いの道が開通しました。

その後、
その道に並行して、
鉄道が開通しました。

白銀坂の下を国道10号線が走ります。

現在、鹿児島マラソンが、
この桜島を見ながら、
錦江湾沿いの道で行われます。

白銀坂の、
姶良側の登山口の近くが、
鹿児島マラソンの、
折り返し地点になります。

白銀坂を歩いて来ました。

鹿児島マラソンの声援が、
聞こえたり、多くの車が行き交う、
国道10号線を見下ろす山の上。

白銀坂より望む錦江湾と姶良の町。

そんな山の上まで登る、
急坂の街道・白銀坂が、
ひっそりと残っています。

そんな白銀坂の石畳を、
ゆっくりと歩きながら、
当時の人々に思いをはせました。

白銀坂の石畳で昔を偲びます。

歴史国道 白銀坂(しらがねざか)
鹿児島県姶良市脇元3091
電話 0995-66-3111
姶良市商工観光課
駐車場 20台
・JR日豊本線重富駅から徒歩10分
・鹿児島市内から車で20分
・鹿児島空港から車で30分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする