布引きの滝は白銀坂のとなりにある癒しスポット。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県姶良(あいら)市の、
重富の山すそにある、
白銀坂と布引の滝に行ってきました。

白銀坂(しらがねさか)は、
薩摩藩の旧街道で、
山の中に作られた石畳の道です。

その白銀坂の奥に、
ひっそりと流れ落ちるのが、
布引(ぬのひき)の滝です。

スポンサーリンク



白銀公園の駐車場から。

布引の滝に行くには、
白銀坂を登り、途中から、
遊歩道を行くコースもあります。

白銀坂の石畳を登るのは、
少しハードな道行きです。

布引の滝を見るだけなら、
白銀公園の駐車場に停めて、
歩いて行くのがおすすめです。

布引の滝と白銀坂の分かれ道です。

枦山池に出ました。

白銀公園から、
山に向かって進むと、
小さなため池が見えてきます。

ここが枦山池(はぜやまいけ)
布引の滝からの水を溜めて、
農業用水に使っているそうです。

枦山池の横の道は整備されて、
そのまま進むと、
布引の滝に行けるようです。

枦山池の水は農業用水です。

周辺の案内板がありました。

枦山池の前には、
小さな広場があって、
そこに周辺の案内板があります。

その案内板の地図をみると、
白銀坂と布引の滝の、
位置がわかります。

ここから白銀坂を登って、
布引の滝に行く坂道と、
滝に直接行く遊歩道に分かれます。

布引の滝と白銀坂の位置がわかります。

遊歩道は整備されています。

枦山池の横の遊歩道は、
整備されていました。

枦山池の横の道は整備されています。

遊歩道は、
滝から流れ出た小川に沿って、
緑の山の中を進みます。

小川に沿って緑の中を行きます。

遊歩道は整備されていて、
アップダウンの道を歩くと、
気持ちよい森林浴を楽しめます。

スポンサーリンク



布引の滝が見えてきました。

ウッドデッキのような、
遊歩道を進むと、次第に、
滝の流れ落ちる音が聞こえてきました。

ウッドデッキの先に滝の音がします。

カーブを曲がると、
突然に布引の滝が、
目に飛び込んできました。

滝のそばまで行きますと、
流れ落ちる水が、
水しぶきをあげています。

布引の滝が目に飛び込んできます。

真っ白な布のような滝です。

布引の滝は、
白銀坂の脇道にあることから、
地元では白銀の滝とも呼ばれます。

ではなぜ布引の滝と、
よばれるのでしょう。

それは高さ20メートルから、
流れ落ちる一筋の滝は、
真っ白な布のように見えるのです。

そのことから、
布引の滝と呼ばれるのです。
なんてロマンチックな命名でしょう。

布引の滝は真っ白い布の様に見えます。

マイナスイオンを浴びました。

滝つぼのそばには、
東屋が作ってあります。
そこに滝の案内がありました。

高さ20メートルの滝です。

そこでしばし、
布引の滝を堪能しました。

滝のしぶきが作る、
マイナスイオンをたっぷりと、
浴びることができました。

スポンサーリンク



白銀坂にもいけます。

布引の滝から、
遊歩道を少しもどると、
白銀坂に至る脇道があります。

ここからだと、
山の中腹に位置する白銀坂に、
出られます。

せっかくだから、
白銀坂を降りながら、
石畳の道を歩いてみてはどうでしょう。

龍門滝のそばにあります。

布引の滝から、
となりにある加治木町には、
龍門滝(りゅうもんのたき)があります。

龍門滝は、
歴史の道として、
龍門司坂のそばにあります。

布引の滝より、
ダイナミックな龍門滝は、
日本の滝百選に選ばれています。

意外と手軽だった布引の滝。

布引の滝は、
白銀公園の駐車場から、
遊歩道を歩くとすぐに行けます。

手軽に森林浴と、
滝のしぶきを浴びられる、
癒しのお手軽スポットです。

布引の滝のすぐ近くには、
歴史国道の白銀坂もあります。
あなたも立寄ってみますか。

布引の滝へは手軽に行けましたよ。

鹿児島の滝では、
大河ドラマ「西郷どん」で使われた、
雄川(おがわ)の滝も超お勧めですよ。

布引の滝(ぬのびきのたき)
鹿児島県姶良市脇元3090

白銀公園(しらがねこうえん)
鹿児島県姶良市脇元89‐5651
電話 0995‐66‐3111
(姶良市商工観光課)
駐車場 10台
九州道姶良ICより車で10分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする