いけすの山和で魚三昧、黒之瀬戸の味に満足。

鹿児島県の歩き方です。

鹿児島県の北部に、
長島と呼ばれる島があります。

鹿児島県本土の阿久根市と、
長島の間には、日本三大急潮の、
黒之瀬戸海峡が流れています。

ここらは潮の流れが速く、
身の引き締まった美味しい魚が獲れます。

それらの新鮮な魚料理を、
提供するお店が長島には点在します。
今日はその一つのお店を紹介しますね。

スポンサーリンク



黒之瀬戸大橋は長島の玄関口。

長島に行くには、
海峡にかかる黒之瀬戸大橋を渡ります。
大橋を渡るとすぐに道の駅があります。

道の駅黒之瀬戸だんだん市場です。
黒之瀬戸を一望できるうずしおパークがあり、
大きな水槽で活魚も販売する道の駅です。

その道の駅の前に、
国道389号線をはさんで建つのが、
いけすの山和(やまかず)です。

いけすの山和はいつも車がいっぱい。

いつも車が止まっています。

いけすの山和の前にある駐車場には、
いつも多くの車が停まっているのです。
なによりも人気のお店の証拠ですよね。

山和さんの入口にある、
営業中と書いた目立つのぼりが、
店の前を走る車を引き入れます。

いけすの山和、ノボリが車を招きます。

玄関にはこんな大皿がありました。
えびすさんと鯛の絵が、
魚料理への期待を高めてくれます。

大皿が料理への期待を高めます。

入ってすぐにはカウンター。

山和さんのドアをあけると、
すぐにカウンター席があります。
お寿司屋さんのようです。

すぐにカウンター席がありました。

私は家内と二人でしたので、
お店の方が、カウンター横から、
店の奥へと案内してくれました。

店の奥は、
お座敷席になっています。
お昼前でしたが、すでに先客がいました。

お座敷には先客がいて、忙しそうです。

スポンサーリンク



山和定食をお願いしました。

座卓の上にあったメニューを見ると、
刺身定食、焼き魚定食などは、
1,080円からありました。

この値段ならランチとしては、
手頃の料金かなと思いました。
でも、せっかくなのでちょぴり贅沢しよう。

山和定食を注文しました。

私は、山和定食(2,100円)を注文。
サザエが付いていると、
アラカブの味噌汁付に目がいっちゃいました。

家内は特製の海鮮丼
こちらもアラカブ付で2,100円です。
普段はしまり屋も今日は特別かな。

まさに魚三昧の定食です。

やってきました、山和定食。
見た目がとても豪華です。
サザエのつぼ焼きが乗っています。

山和定食、豪華で美味しそう。

刺身の盛り合わせに魚の煮つけ、
それにあらかぶの味噌汁があって、
まさに魚三昧の料理です。

なんといって、
サザエが圧倒的な存在感です。
山和定食にして良かった。

サザエのつぼ焼きと刺身がこりこり。

お刺身が新鮮です。

お刺身は、地元の長島で、
水揚げされたばかりなのでしょうね。
新鮮なのでとても美味しいです。

長島で獲れた海の恵、新鮮そのもの。

アラカブの味噌汁は、
魚の出汁(ダシ)が良く出ています。
けっこうアラカブの身もありましたよ。

アラカブの出汁が良く出ています。

魚の煮つけは、
身がふっくらと煮てあります。
甘辛い煮汁がからむと美味いです。

魚の煮つけに煮汁が絡みます。

スポンサーリンク



豪華海鮮丼も良かったよ。

家内が註文した、
特製海鮮丼も豪華な盛り付け。
何種類の魚が乗っているのだろう。

特製の海鮮丼にもアラカブの味噌汁が。

そのすべての魚が新鮮なのです。
やっぱり海鮮丼はこれじゃなくちゃ。
しまり屋もとても満足そうです。

特製の海鮮丼は豪華たくさん盛り。

山和定食と特製海鮮丼は、
ランチにしてはいい値段でしたけど、
こちらを選んで良かったな。

いけすの山和にまた来てみたい。

今日は、
いけすの山和で魚三昧でした。
美味しい魚料理を堪能しました。

駐車場に、
お客様の沢山の車が、
停まっていることに納得です。

長島に来たら、
また、いけすの山和さんに、
食べに来てみたいですね。

いけすの山和(やまかず)
鹿児島県出水郡長島町4090
電話  0996-87-1215
営業  11:00~21:00
定休日 木曜日

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする