藺牟田池にはラムサール条約に登録された貴重な湿原があります。

鹿児島の歩き方です。

今日は、薩摩川内市の、
祁答院(けどういん)町にある、
藺牟田池(いむたいけ)に来ています。

藺牟田池は、
七つの外輪山に囲まれた、
周囲が約4キロの火口湖です。

手つかずの自然が残され、
釣りやボート、サイクリングが、
楽しめる公園になっています。

スポンサーリンク



お花見に来ました。

やってきたのは、
桜の花が咲く季節です。
お花見を兼ねて散策にきました。

藺牟田池の湖畔には、
約2,000本の桜が並ぶ、
お花見の人気スポットでもあるのです。

藺牟田池の入口から少し登ります。

駐車所に到着です。

藺牟田池の駐車場は、
200台分あるとのことですが、
お花見客なのかほぼいっぱいでした。

駐車場の向こうに外輪山が見えます。

藺牟田池の、
周辺地図を見ながら、
池の周りを歩いてみます。

池の周回道路には、
桜の木が植えられ、
ピンクの花が咲いていました。

藺牟田池の周囲には桜の花が。

やはりボートが良いですね。

藺牟田池に来たら、
皆さんが利用するのが、
やはりボートですかね。

ボートの近くには白鳥がいます。

この時期であれば、
岸辺に咲く桜の花を、
ボートから見られますよ。

ボートから見る桜もいいものです。

利用料金表がありました。
ちなみに私はボートよりも、
散歩することにしました。

ボートの料金表がありました。

天然記念物の浮島。

藺牟田池には、
貴重な自然環境が残っています。
その一つが天然記念物の浮島です。

泥炭形成植物群落と言います。

泥炭形成植物群と呼ばれます。
藺牟田池の奥の半分には、
300程の浮島が浮かんでいます。

池の奥にはあちこちに浮島があります。

近くに行くと、
湿原になっていて、
水の中に植物が群生しています。

池の半分は浮島になっています。

貴重なベッコウトンボもいます。

また湿原には、
貴重な動物も生息しています。

水辺には貴重な植物が生えています。

なかでもベッコウトンボは、
絶滅危惧種になっていて、
捕獲が禁止されています。

ベッコウトンボが生息しています。

体や羽根の色がベッコウ色で、
4月中旬から6月下旬に、
見られるそうです。

スポンサーリンク



ラムサール条約に登録。

藺牟田池は、
平成17年にラムサール条約に、
登録されました。

ラムサール条約とは、
国際的に貴重な湿原に関する、
国際条約です。

泥炭形成植物群や、
貴重なベッコウトンボを、
守り活用しようとしています。

ラムサール条約に登録されました。

サイクリングが良いかも。

藺牟田池の周りには、
サイクリングロードが、
整備されています。
(レンタサイクルは400円です)

サイクリングロードが整備。

浮島の近くも走るので、
時々、自転車を停めて、
貴重な動植物を観察できますよ。

藺牟田池の周囲を走ります。

サイクリングしながら、
自然を肌で感じるのも、
良いかも知れませんね。

こんな桜の木にも出会えますよ。

今日は、
藺牟田池に行きましたので、
池の様子を紹介してみました。

藺牟田池(いむたいけ)
鹿児島県薩摩川内市祁答院町
伊牟田1993番地4
電話 0996-56-1111
(薩摩川内市役所・祁答院支所)
鹿児島市より車で50分
鹿児島空港より車で45分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする