御朱印飯は鹿児島ラーメン王初代王者のマルチョンラーメンでした。

鹿児島の歩き方。

今日は、
鹿児島県志布志市を歩いています。
目的は、御朱印めぐりです。

志布志には、
歴史あるお寺と神社があり、
そこの御朱印を頂きたいのです。

鹿児島市からだと、
車で2時間程かかります。
到着がお昼ごはんの前でした。

そこで、本日の、
御朱印めしで入った店の、
マルチョンラーメンを紹介しますね。

スポンサーリンク



御朱印めしってなあに。

御朱印めし」とは、
私が勝手につけた名前です。

御朱印を頂きに行った時に、
食べたお昼ごはんの事を、
「御朱印めし」と呼んでいます。

行った先々で、
なるべく地元民に人気のある、
お店で食べるようにしています。

鹿児島県内を歩く時は、
このお店探しも、
御朱印めぐりの楽しみなんです。

なんでマルチョンラーメン?

ところで、御朱印めしに、
マルチョンラーメンを選んだ理由は、
二つあります。

一つは、
マルチョンラーメンは、
参拝予定の「大慈寺」の前にあるから。

まさに、
御朱印めしにふさわしいのが、
マルチョンラーメンさんなのです。

御朱印めしはマルチョンラーメンです。

鹿児島ラーメン王の初代王者。

二つ目の理由は、
皆が認める美味しい、
ラーメン屋さんなのです。

その証拠に、
マルチョンラーメンは、
鹿児島ラーメン王座決定戦で、
初代王者になったからです。

鹿児島県内の、
全てのラーメン屋さんの
初代王者ですから、すごいです。

元々、昔から、
大隅半島のラーメン屋では、
絶大の人気を誇っていたそうです。

スポンサーリンク



マルチョンラーメンのお店です。

マルチョンラーメンの前には、
数多くのノボリもあって、
繁盛店の雰囲気が伝わってきます。

駐車場も、
店の前や近くにあり、
全て合わすと50台程になります。

お昼前でしたので、
すぐに止めることが出来ました。
ピーク時はいっぱいになるそうですよ。

入口の販売機で食券を買います。

店内はシンプルな造りです。

マルチョンラーメンのお店は、
カウンターと小上がり席だけで
シンプルな造りでした。

食券を購入して、
小上がり座席に座りました。

カウンター席は、
次から次と来店する方で、
すぐにいっぱいになりました。

この後、すぐにいっぱいになりました。

マルチョンラーメンが来ました。

しばらくすると、
マルチョンラーメンが来ました。

麺の上には、
チャーシューにネギともやし。
これまた見た目がシンプルです。

スープをすすると、
とんこつ味ですがスッキリしてます。
どちらかというとあっさり味でした。

これがマルチョンラーメンです。

昔ながら味でした。

マルチョンラーメンは、
なんだか昔ながらの味のような、
感じがしました。

鹿児島市内でも、
昔のかごしまラーメンって、
こんな味ではなかったかな。

最近は、様々な、
新しいラーメンが誕生してます。
それはそれで美味しいのですが。

そんな中にあって、
昭和37年に創業してから、
昔ながらの味を守っているのです。
それが支持される理由ですかね。

昔ながらの懐かしい味でした。

御朱印めしの後は参拝です。

御朱印めしで食べた、
マルチョンラーメンは、
ラーメン王者の味で美味しかった。

お腹も満たしたところで、
いよいよ御朱印を頂にいきます。

目的の大慈寺は、
マルチョンラーメンさんの、
目の前にあるのです。

マルチョンラーメン本店
鹿児島県志布志市志布志町志布志2丁目8-41
電話   0994-472-0576
営業時間 9:00~17:00
8:00~18:00(日・祝)
定休日  木曜日
JR志布志駅から徒歩8分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする