日当山温泉は西郷どん(西郷隆盛)があしげく通った温泉です。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県は、
県内各地に温泉が湧き、
様々な温泉地が点在しています。

そのために鹿児島県人には、
温泉が好きな方が多いのです。
薩摩の偉人も好きだったようです。

西郷どん(西郷隆盛)も、
温泉好きで知られています。
各地の温泉地に出かけていきました。

スポンサーリンク



日当山温泉もその一つです。

西郷どんは狩猟好きでもありました。
野山で狩りをした後に、
疲れた身体を温泉で癒しました。

また魚釣りも大好きで、
大きな川の近くにある、
温泉にも良く出かけました。

日当山(ひなたやま)温泉は、
天降川沿いに温泉が湧いている、
県内でも古い温泉です。

魚釣りと温泉が好きな西郷どんが、
あしげく通った温泉として、
日当山温泉は知られています。

西郷さんがあしげく通った日当山温泉。

かわいい西郷どんがいました。

西郷どんは、
日当山付近の山野で狩りをしたり、
天降川(あもりがわ)で魚釣りをしました。

そんな魚釣りに出かける、
かわいい西郷どんがいます。
それがこの西郷どんの像です。

西郷どんが、
日当山温泉の入口に立ち、
お客様をお迎えしていますよ。

可愛い西郷どんがお迎えします。

西郷どんの漢詩がありました。

西郷どんの像の脇には、
日当山で過ごした日々が、
漢詩で書いてあります。

西郷どんは、
波乱万丈の人生を過ごしますが、
なかには辛いこともあったでしょう。

そんな辛い思いや疲れを、
日当山温泉で癒したのでは、
と漢詩から読み取れました。

川で釣りを楽しんだと書いてあります。

西郷どんの湯がありました。

日当山温泉には、
西郷さんが入ったという、
元湯が今でも残っています。

西郷どんが入った湯がありました。

現在は、
西郷どんの湯」という、
共同浴場になっています。

どこか懐かしい西郷どんの湯。

どこか懐かしい、
昔ながらの銭湯でした。
西郷ファンも訪れるそうですよ。

スポンサーリンク



西郷どんの崖もありました。

「西郷どんの湯」の隣りには、
日当山温泉センターがあります。
こちらは湯治客も訪れます。

日当山温泉センターの前が崖です。

その庭には、
西郷どんの崖」がありました。

西郷どんは、
この崖の下にムシロを敷いて、
良くワラジを作っていたそうです。

ここで西郷さんがワラジを作ってました。

天降川が流れます。

西郷どんの崖の前には、
天降川(あもりがわ)が流れています。
川の流れは当時のままでしょう。

ワラジを作った後に、
この川で魚釣りをしたのでしょう。

やがて始まる西南戦争までの、
心休まる日々を、
日当山で過ごしたのです。

川の流れを見ていると、
当時の西郷どんに、
思いを馳せてしまいました。

西郷どんが魚釣りをした天降川です。

西郷どん村が出来ました。

西郷どんが宿泊していたのは、
元湯(西郷どんの湯)の湯守をしていた、
龍宝(りゅうほう)家でした。

その龍宝家の家を、
忠実に再現した家が、
西郷どん村」にあります。

そこでは、
紙芝居を使って、
西郷どんの話を聞かせてくれますよ。

西郷どんが宿泊した龍宝家を再現しました。

西郷さんの愛した温泉の数々。

西郷どんは、
日当山温泉以外にも、
県内各地の温泉を訪れました。

各温泉地には、
西郷どんの人柄がわかる、
話が残っていますよ。

日当山温泉 西郷どんの湯
鹿児島県霧島市隼人町内1465
電話  0995-43-3870
営業  6:00~21:30
定休日 第4月曜日

鹿児島市内のまち歩き情報はこちらから。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方 観光情報は、
主に鹿児島県の地方情報に限って書いてます。

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内」のサイトを、
ご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする