隼人塚の石像と石塔はいったい何を語っているのだろうか。

隼人塚(はやとづか)

鹿児島県の隼人町にある、
隼人塚(はやとづか)に行きました。

前からこの隼人塚が、
気になっていました。
なぜかと言いますと、

何のために作られたか、
いまだに諸説があり、分からない、
そんなミステリアスな所が、
気になっていたのです。

スポンサーリンク



隼人塚は公園の中にあります。

とりあえず、
隼人塚に行ってみました。

隼人塚があるのは、
意外と広い場所でした。
隼人塚の前には公園があります。

隼人塚の入口には、
隼人塚史跡館があります。
その横の広い駐車場に停めました。

隼人塚の駐車場は広かった。

隼人塚は石塔と石像の集まりです。

隼人塚は、
小高いといっても3m程ですが、
そこにある石塔と石像の集まりです。

隼人塚は小高い丘にありました。

石塔が三つあり、
その石塔を守るように、
四つの石像がありました。

石塔は五重塔になっています。
そして四つの石像は、
四天王の武人像でした。

三つの石塔と四つの石像です。

隼人塚を建てた理由。

では隼人塚は、
何故、建てられたのでしょう。
ちょっとミステリアスな塚なのですよ。

隼人族の供養のため。

隼人塚の建立の意味は、
諸説がありますが、
良く言われていたのは。

隼人塚の説明も石に刻まれます。

大和朝廷に平定された、
隼人族の霊魂を供養して、
災厄から免れるために建てられた。

隼人族の供養のために作られた説もあります。

隼人族の供養塔として、
建てられたと伝えられてきました。
私もずっとそう思っていました。

スポンサーリンク



仏教遺跡とも考えられます。

最近の説は、
平安時代の仏教遺跡と、
考えられるようになりました。

石塔は本来、仏の世界の表し、
その塔を守るために、
四天王の像があるのです。

現在は、以前あった、
正国寺(しょうこくじ)の、
仏教遺跡との説が有力のようです。

石塔を守る四天王という説もあります。

隼人塚史跡館。

隼人塚の前には、
隼人塚史跡館がありました。

隼人塚の横には隼人塚史跡館があります。

そこには、
隼人関連の資料と、
また発掘で出てきた遺物が、
展示されています。

貴重な石仏も展示されています。

仏教の梵字が刻まれたものや、
諸説を裏付ける石仏など、
隼人の歴史を語っていました。

スポンサーリンク



薩摩隼人の熱い血。

鹿児島の強い男は、
薩摩隼人(さつまはやと)と呼ばれます。

隼人とは、
大和朝廷という大きな力に、
あらがった人々です。

その隼人の血が引き継がれて、
明治維新を成し遂げたのかも、
そんなふうに思うことがあります。

薩摩勇人の血が騒ぐのでしょうか。

隼人塚を見てきました。

隼人塚を見てきました。
静かに立ち尽くす四天王の石像は、
実際には何も語りません。

しかし隼人塚の、
石像を見ていると、
隼人族の強い意思を感じました。

やはり反骨の気持ちを持った、
薩摩隼人の像であって、
ほしいなあ、と思うのでした。

隼人塚の後は日当山温泉へ

隼人塚の後は、
近くにある日当山温泉に行きました。
西郷どん(西郷隆盛)が良く通った温泉です。

隼人塚史跡館
鹿児島県霧島市隼人町内山田287‐1
電話  0995‐43-7110
営業  9:00~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
料金  大人130円・学生以下70円
駐車場 多数台
JR隼人駅から徒歩5分

鹿児島市内のまち歩き情報はこちらから。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方 観光情報は、
主に鹿児島県の地方情報に限って書いてます。

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内」のサイトを、
ご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする