舞鶴城跡の朱門を見ながら国分小と国分高校の生徒が通います。

鹿児島の歩き方です。

今日は鹿児島県の、
霧島市にある舞鶴城跡にきています。

舞鶴城跡(まいづるじょうあと)は、
現在は、国分小学校と国分高校の、
敷地になっています。

学校の入口には、
舞鶴城の朱門と堀が残っていて、
当時の様子を伝えています。

スポンサーリンク



以前は国分と言ってました。

跡地に建っている、
国分小学校と国分高校の、
国分(こくぶ)は以前の地区の名称です。

以前は♪花は霧島 たばこは国分♪
鹿児島おはら節に歌われていましたが、
現在は霧島市となっています。

城山を背にした場所に、
天守閣を持たない、
屋形造り」として造営されました。

舞鶴城跡の碑がありました。

現在は石垣と堀を残しています。

舞鶴城跡は城の建物は無く、
学校前の道路に面して、
高さ3mで長さ200mの石垣があります。

そして石垣の前には、
がありそこには二つの石橋が、
昔の面影を伝えています。

石垣と二つの石橋が残っています。

城の石垣や堀は小さいですが、
薩摩に多い外城(とじょう)制度の、
城の雰囲気が感じられました。

薩摩の外城制度とは、
人をもって城となす」といって、
大きな城を築くより、半農半武士を、
領内各地に置いて防備を固めました。

低い石垣や小さな堀の防備に甘い薩摩の城。

島津義久公が城主でした。

舞鶴城の城主は島津義久公です。
島津義久公(よしひさこう)は、
島津4兄弟の長男です。

あの戦国武将の、
勇将で名高い島津義弘の、
お兄さんにあたります。

舞鶴城の見取り図もありました。

島津義久は、、
ある事件を契機にここで、
隠居生活を送りました。

スポンサーリンク



島津義久公が和睦しました。

ある事件とは、
豊臣秀吉の島津攻めに対して、
泰平寺にて和睦を結びました。

島津勢をはるかにしのぐ大軍の前に、
頭を丸めて恭順の意を示します。
戦いを望む部下を抑えてのことでした。

和睦の結果、
薩摩は安堵(あんど)されて、
島津家は滅亡しなかったのです。

その後に、
藩主の座を島津義弘に譲り、
この舞鶴城で隠居するのです。

朱門がありました。

舞鶴城跡で目につくのが、
朱門と呼ばれる赤い門です。

この朱門は形が小さいくて、
」の色で塗られていますので、
城を守る門ではなさそうです。

石橋の先に朱門がありました。

元々は、
奥向きに通じる門を、
ここに移築したのではと思われます。

朱門は奥向きに通じる門を移築したと思われます。

でもこの朱門があるおかげで、
舞鶴城跡の雰囲気が、
一気に高まりました。

スポンサーリンク



伊勢神社の参道があります。

舞鶴城裏にある城山の麓に、
島津義久が勧請した、
伊勢神社が鎮座します。

舞鶴城跡にある、
国分高校の敷地には、
この伊勢神社への参道があります。

義久公が勧請した伊勢神社の参道がありました。

この伊勢神社にも、
この後で参拝をしてきました。
そして御朱印も頂いてきました。

舞鶴城跡は政治の中心になりました。

舞鶴城は、
島津義久公が亡くなった後も、
三女の亀寿姫が過ごします。

その後に城の横に、
地頭の舘が置かれました。
そして政治の中心になっていきました。

舞鶴城周辺は国分の政治の中心地になりました。

現在の国分の基盤が、
この地から始まりました。

そんな歴史に思いをはせながら、
舞鶴城跡を見てきました。

舞鶴城跡(まいづるじょうあと)
鹿児島県霧島市国分中央2丁目5-1
問合せ 0995‐45‐5111
駐車場 有り
JR日豊本線国分駅から車で約3分
鹿児島空港から車で約25分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする