漁亭 いわし茶屋のいわし尽くしは鹿児島県の出水市の味。

鹿児島県の歩き方です。

鹿児島県内の様々な情報を、
ゆるーくお伝えしています。

今日は、出水市にある、
お食事のお店の紹介です。
名前は漁亭 いわし茶屋さん。

いくつかの市場から厳選し、
仕入れたいわしを使った、
色々な料理が食べられるお店です。

スポンサーリンク



出水麓武家屋敷のそばです。

鹿児島市から出水市に向かう、
国道328号線沿いにあります。

国道328号は、鹿児島市から、
さつま町を抜けて、
出水市に行く道です。

いわし茶屋は、
出水市街地に入る前にあります。

いわし茶屋の近くには、
出水の観光スポットである、
出水麓(ふもと)武家屋敷群があります。

いわし茶屋には魚が乗っかっています。

魚が乗った看板が目印ですよ。

国道に面した駐車場には、
お昼前の時間でしたが、
すでに数台の車が止まっていました。

何だか人気のお店のようです。
魚が乗っかった看板につられて、
いわし茶屋に入ってしまうのでしょうかね。

お店の入口の看板には、
逆さになったいわし茶屋の文字と、
活き造りからハンバーグまでとあります。

いわし料理をメインにした、
なんでもある大衆食堂のようです。
こんな看板だと気軽に入ってしまいますよね。

逆さまになったいわし茶屋の看板。

実は、団体客として入りました。

いわし茶屋には、
お昼前の時間に合わせて入りました。
今日は個人ではなく大人数でした。

実は、団体客の一人として、
いわし茶屋に入ったのです。
バス1台に40名程の人数です。

ですから、いわし茶屋さんの、
お広間に並べられた料理を、
宴会よろしく食べる事になるのです。

いわし茶屋さんの入口です。

麓武家屋敷でフィールドワーク。

実は、この団体は、
かごしま検定のグランドマスター達です。
鹿児島の物知りさんの集まりです。

今日の目的は、
テキストの知識だけでなく、
実際の土地でフィールドワークです。

出水地方に残る、
麓の武家屋敷群をはじめ、
歴史の足跡を見にやってきたのです。

グランドマスター達のフィールドワークです。

店の奥にはお座敷があります。

私達は、いわし茶屋の奥にある、
お座敷に通されました。
すでに料理が並んでいました。

席に着くと、お店の方が、
ご飯とお味噌汁、そして茶わん蒸しを、
用意してくれました。

お広間でしたが、
壁にあるおすすめメニューを見ると、
普段は個人客の座敷席のようです。

大広間のお座敷で団体で食べました。

スポンサーリンク



いわし料理がならびましたが。

これが本日の料理です。
いわしのお刺身、焼きもの、フライ、
それに酢の物といわし尽くしです。

これはここの名物いわし膳でしょうね。
メニューにはこれにかき揚げが付いて、
1,150円とありました。

団体客なので、
かき揚げはなかったようですが、
料金は・・幹事さんのみ知る所です。

いわし料理の単品もありますし、
ハンバーグ定食やカレーもあり、
家族でも入りやすいですね。

いわし茶屋のいわし尽くしの料理です。

お店の中は、居酒屋風です。

お座敷以外の席は、
天井がとっても高くていい雰囲気。
何だか海鮮居酒屋のようです。

天井が高くていい感じです。

厨房が見える、
お会計の場所には、
多くのお面が飾られています。

色んなお面が飾られて居酒屋のようです。

メニューの中にも、
あさりのバター焼きなんてありましたから、
夜はきっと居酒屋にもなるのでしょうね。

今度は、個人で来てみます。

漁亭 いわし茶屋さんで、
名物いわし膳(だったかな)を食べました。

漁亭だったけど、
料亭の味というよりも、
美味しい大衆料理といった味でした。

でも今回は団体でしたので、
次回は、個人的に来店して、
残りのいわし料理を食べてみたいものです。

また同じ出水市にある、
オシャレな農家レストラン
三蔵(みくら)」もお勧めですよ。

漁停 いわし茶屋
鹿児島県出水市武本3063-1
電話 0996-62-8858
営業 11:00~14:00 17:30~20:40
駐車 約20台
JR出水駅より車で8分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする