重富島津氏の菩提寺であった吉祥山 紹隆寺で御朱印を頂いた。

鹿児島の御朱印と歴史旅。

鹿児島市から姶良市に、
入ってすぐの場所に、
重富という場所があります。

ここには重富海岸があり、
NHKの大河ドラマ「西郷どん」の、
ロケも行われました。

目の前に桜島が見える、
遠浅の砂浜は、夏になると、
多くの海水浴客で賑わいます。

その重富にあるのが、
吉祥山 紹隆寺
(きっちょうざんしょうりゅうじ)

御朱印を頂こうやってきました。

スポンサーリンク



薩摩街道の白銀坂も近いです。

重富の近くには、
薩摩藩の街道であった、
大口筋白銀坂があります。

当時は海岸線の道は無く、
錦江湾に迫る山々の尾根伝いに、
薩摩藩の街道がありました。

尾根から平地の重富に、
降りてくる坂が白銀坂なのです。
当時の石畳みが今でも残っています。

重富島津氏が治めていました。

重富は薩摩の城下からは、
位置的には隣りになりますが、
白銀坂や海で囲まれた遠い場所でした。

そこを治めていたのが、
重富島津氏であったのです。

島津氏分家の中でも、
重富島津氏は、
大きな力を持っていたといわれます。

重富島津氏の威厳を受け継ぐ紹隆寺。

越前島津氏の菩提寺。

その重富島津氏の、
菩提寺(ぼだいじ)であったのが、
吉祥山 紹隆寺であったのです。

重富島津氏は元々、
越前(福井県)の当主として、
越前島津氏と名乗っていました。

越前島津氏の頃から、
越前の永平寺の末寺として、
菩提寺となっていたのです。

越前(重富)島津家の由来書です。

重富に移ってからも菩提寺。

越前島津氏は、
戦国時代を経てから、
縁のある薩摩島津氏の、
分家として重富島津氏が出来ます。

紹隆寺は、
同じく重富島津氏の菩提寺として、
受け継がれているのです。

明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で、
廃寺になりますが、その後に再建され、
永平寺の鹿児島出張所となりました。

スポンサーリンク



曹洞宗の禅寺です。

紹隆寺は、
曹洞宗の禅寺として、
修行僧達の修行の場になっています。

紹隆寺の本殿と寺務所です。

現在も本山の永平寺から、
修行に来ていました。

こんな重富にあるお寺が、
あの永平寺と交流があるとは、
なんとも不思議な感じでした。

紹隆寺本堂では座禅会も行われます。

紹隆寺の墓地。

紹隆寺の墓地には、
重富島津家の歴代当主と、
その家族達のお墓がありました。

重富島津家の歴代当主と家族の墓もあります。

また西南戦争で、
薩軍兵士として出兵した碑の、
招魂石(しょうこんせき)もありました。

ここ重富は、
あの西郷どんとも、
縁が深い場所だったのですね。

招魂石(しょうこんせき)もありました。

禅寺の御朱印を頂きました。

大きくて立派な本堂にて、
参拝を済ませて、
寺務所にて御朱印を頂きました。

御朱印の前に本堂にて参拝をしました。

丸いカタチの朱印は、
御朱印の中では珍しいのですが、
禅寺では意外と良く見られます。

紹隆寺の丸い御朱印を頂きました。

確か島津義弘公の菩提寺も、
曹洞宗の禅寺・妙円寺も、
丸い朱印でしたよ。

歴史ある紹隆寺でした。

今日は、
吉祥院 紹隆寺に行ってきました。

重富島津氏の、
歴史の深さを感じてきました。

そして素晴らしい、
御朱印も頂いてきました。

永平寺 鹿児島主張所
吉祥院 紹隆寺

鹿児島県姶良市平松6190‐4
電話 0995-65-2955
JR重富駅より1.5㎞ 徒歩で約21分

鹿児島市内の観光情報を知りたい人はこちら

鹿児島県内各地の情報です。

鹿児島市内の情報については、
こちらの観光情報サイトで紹介しています。
鹿児島まち歩き 街案内」をご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする