薩摩川内市の高城町にある妹背橋は、西郷さんが若い頃に手掛けた橋。

鹿児島には、
西郷隆盛翁のゆかりの地が、
県内各地に沢山あります。

その中に、
若いころの西郷さん(二十歳の頃)が、
手掛けた橋があります。

西郷隆盛が若い頃、手掛けた妹背橋を見てきました。

妹背橋(いもせばし)と言います。
どんな橋なんだろうと、見てきました。

スポンサーリンク



妹背橋は薩摩川内市の高城町にあります。

普通のコンクリート橋でした。

妹背橋は、薩摩川内市の、
高城(たき)町にある妹背川に架かります。

最初はコンクリートの橋にがっかりしました。

妹背橋は石橋を想像していましたが、
コンクリートで作られた、
どこにでもあるような橋でした。

なんだあ、これか
正直に言いますとガッカリしました。

この妹背橋は4代目の橋になるそうですよ。

今あるのは4代目の妹背橋。

橋のたもとに案内板があり、
それによりますと、現在の橋は、
妹背橋の4代目になるそうです。

西郷さんの妹背橋について案内があります。

初代の妹背橋は木造で老朽化のために、
2代目の妹背橋として、
頑丈な石の橋が作られました。

2代目は石橋眼鏡橋で、
とてもきれいな橋だったといわれます。
この橋の工事に西郷さんが関りました。

案内板には2代目の妹背橋の、
写真が載せられていますよ。

これが西郷さんが手がけた2代目の妹背橋です。

若き日の西郷さんってどんな仕事?

西郷さんは農政の役人でした。

西郷さんの役職は、
郡書役助(こおりかきやくたすけ)で、
農政の役所で事務補佐の役人だったのです。

西郷さんは、
郡書役助の仕事として、
妹背橋の工事に関わりました。

工事費用の算段や材料の確保など、
橋の工事に関するこまごまとした事を、
こなしていたわけです。

岩永三五郎が妹背橋を設計。

それと妹背橋の設計は、
肥後の石工・岩永三五郎が行いました。

岩永三五郎は薩摩藩の招きに応じて、
甲突川にかかる五大石橋をはじめ、
県内各地に多くの石橋を作っています。

ちなみにこの五大石橋の内、
四つの石橋は鹿児島市内の、
石橋公園に移設されています。

若き日の西郷さんと、
有名な岩永三五郎が組んで、
仕事をしていたのですね。

西郷さんの手水鉢。

妹背橋の工事は3年程かかりました。
その間は、西郷さんは、
近くの民家に寝泊りしていました。

西郷さんが泊まっていた、
宮園さんのお宅には、
西郷さんが使っていたと云われる、
手水鉢(ちょうずばち)が残っています。

ここで毎日、西郷さんが、
手や顔を洗っていたのかと思うと、
とても身近に感じてしまいました。

西郷どんの手水鉢が残っています。

高城周辺ってどんな場所?

薩摩街道がありました。

手水鉢が置いてある、
前の小さな道は、
薩摩街道と呼ばれる道でした。

この薩摩街道は、
参勤交代にも使われました。

薩摩街道沿いは、
にぎやかで通行も多かったはず。

老朽化した木造橋を、
頑丈な石橋の妹背橋に、
建て替える必要があったのでしょうね。

参勤交代にも使われた薩摩街道です。

上流には高城温泉があります。

妹背橋から山あいに進むと、
ひなびた高城(たき)温泉があります。
西郷さんが好んで良く訪れた温泉です。

40代の西郷さんは、
明治維新を成し遂げた後に、
中央政界を離れて鹿児島に下野します。

鹿児島に帰った西郷さんは、
鹿児島県内の各地の温泉を訪れ、
好きな狩猟を楽しんでいます。

特に高城温泉は、
西郷さんの愛好の湯といわれ、
愛犬ツンを連れて狩猟と温泉の日々でした。

西郷さんは、
高城温泉の近くの藤川天神にて、
あの愛犬ツンと出会います。

西郷さんは、
高城温泉の下流にある、
妹背橋の工事に3年も携わりました。

きっと、若いころの事を思いながら、
好きな温泉に入ったかもしれませんね。

妹背橋で若き日の西郷さんを思いました。

妹背橋に行ってきました。

薩摩川内市にある、
妹背橋に行ってきました。
そして若い日の西郷さんに触れてきました。

今の妹背橋は、昔の面影はありませんが、
近くにある手水鉢や薩摩街道の跡をみて、
若き日の西郷さんに思いをはせてきました。


妹背橋(いもせばし)
鹿児島県薩摩川内市高城町妹背橋

鹿児島市方面から国道3号線を北上、
上川内の信号を県道341号線に右折、
川内京セラ工場の先にあります。

西郷どんの手水鉢
鹿児島県薩摩川内市高城町

鹿児島市内のまち歩き情報です。

「鹿児島の御朱印と歴史の歩き方」は、
主に鹿児島県内各地の情報です。

鹿児島市内の情報については、
こちらの観光情報サイトで紹介しています。
鹿児島まち歩き 街案内」をご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする