薩摩川内市の江之口橋は岩永三五郎が薩摩で作った最後の石橋。

薩摩川内市の高江町は、
川内川に面した水田地帯です。

そこの八間川に架かる、
江之口橋は160年前に作られた石橋です。
薩摩川内市の有形文化財に指定されました。

この江之口橋と呼ばれる石橋を見にきました。

その江之口橋はどんな橋なのか、
見てきましたので紹介しますね。

スポンサーリンク



江之口橋とはどんな橋。

江之口橋(えのくちばし)は、
今から160年前に作られた石橋です。
今でも使われている橋なのです。

岩永三五郎が作りました。

江之口橋は、
橋の長さが17.3m・幅が3.4mの、
二連アーチの眼鏡橋です。

肥後の石工・岩永三五郎が作りました。

江之口橋を作ったのは、
肥後の石工・岩永三五郎です。

岩永三五郎は、薩摩藩に招かれて、
県内各地に多くの石橋を作っています。

大きなものでは、
鹿児島市内を流れる甲突川に、
架かる五大石橋が有名です。

この五大石橋の内、四つの石橋は、
石橋公園に移設されています。

市の有形文化財に指定されました。

この江之口橋は、
岩永三五郎が肥後に帰る際に、
最後に作った橋と云われます。

岩永三五郎が手掛けた石橋で、
薩摩川内市内に現存するものは、
この江之口橋だけになります。

そのために、
この歴史的に貴重な眼鏡石橋は、
薩摩川内市の有形文化財なのです。

江之口橋は薩摩川内市の有形文化財です。

なぜ江之口橋がつくられたのか。

ではなぜこの江之口橋は、
高江の町に作られたのでしょう。
その理由を紹介しますね。

昔の高江町はいつも水浸し。

江之口橋が出来る以前の、
高江町の水田は、雨が降ると、
いつも水浸しになっていました。

水の被害を鎮めるための水神様がありました。

それは高江町が、
山間部に面していたために、
山から出た大量の山水が流れ込むのです。

そのために、大雨が降ると、
水田が何日も雨に冠水して、
大きな被害を出していたのです。

江之口橋の隣りには川内川が流れます。

八間川を人工的に作りました。

そこで薩摩藩は、
山水の被害をなくすために、
人工的に八間川(はっけんがわ)を作りました。

八間川ができると、
大量の山水は八間川に集まり、
川内川に流れ込んだのです。

その結果、
高江町の水田は、
山水で覆われなくなったのです。

この八間川を作り、川内川に雨水を流しました。

八間川(はっけんがわ)は、
川幅を8間(14.5m)にしたことから、
この名前が付けられました。

江之口橋が架けられました。

薩摩藩の時代は、
江之口橋の周辺が中心地でしたので、
往来を行うためには、
八間川に橋が必要だったのです。

八間川に架けられた江之口橋は、
160年経った今でも、
生活道路として使われています。

また江之口橋の前は、
八間川水辺の楽校公園として整備され、
文化財の橋を学べる場所になっています。

薩摩藩の頃は武家屋敷がある中心地でした。

江之口橋で思ったこと。

江之口橋を見て思ったことは、
人工的に川をつくり、
山水の被害を抑えた先人の知恵です。

八間川の治水工事や、
江之口橋の架橋など、
薩摩の土木技術の高さに驚きました。

また肥後から招いた、
岩永三五郎を起用するなど、
暴れる水をなんとか収めようとする、
当時の薩摩藩の思いを感じました。

江之口橋で先人の知恵と努力に思いをはせました。

江之口橋(えのくちばし)
鹿児島県薩摩川内市高江町
電話 0996-20-2344(川内歴史資料館)
駐車場 八間川水辺の楽校公園駐車場
JR川内駅から車で役10分
川内駅から県道43号線を西に進む、
高江郵便局先の仮屋橋を右折。

スポンサーリンク



薩摩川内市の高城町にある妹背橋。

薩摩川内市には、
岩永三五郎が手掛けた妹背(いもせ)橋があります。
現在は4代目の橋に変わっています。

手掛けた2代目の妹背橋は、
若き日の西郷隆盛と一緒に、
架橋工事をしています。

スポンサーリンク



鹿児島市内のまち歩き情報です。

「鹿児島の御朱印と歴史の歩き方」は、
主に鹿児島県内各地の情報です。

鹿児島市内の情報については、
こちらの観光情報サイトで紹介しています。
鹿児島まち歩き 街案内」をご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする