長崎堤防は川内川河口の水田を守った鋸の刃のような堤防です。


鹿児島県の、
薩摩川内市を流れるのが、
1級河川の川内川です。

藩政時代より、
川内川の氾濫を抑えるための、
治水工事が幾度も行われていました。

この長崎堤防が藩政時代に考案されました。

そんな中から考案された、
長崎堤防は画期的な堤防で、
鋸の刃のような形をしていました。

スポンサーリンク



長崎堤防は川内川の河口近く。

高江町の水田地帯にある。

川内川の河口から4㎞程上流にある、
高江町の長崎水田では、
昔から稲作を行っていました。

しかし大雨がふると、
川内川が氾濫して、
水田に泥水や海水が流れ込みました。

その都度、
甚大な被害が及び、
人々を苦しめていました。

川内川が氾濫して人々を苦しめました。

江戸時代初期に始まった干拓工事。

そこで第19代藩主・
島津光久(しまずみつひさ)は、
小野仙右衛門(おのせんえもん)を、
普請奉行に任じて干拓工事を始めます。

取り掛かったのは、
江戸初期の1679年のことです。
それから8年の歳月を要しました。

川内川の激しい水の流れで、
何度も治水と氾濫を繰り返したすえに、
やっと水を止めることができました。

この長崎堤防で水を止めることが出来ました。

鋸の刃のような堤防。

苦心の末に完成した堤防は、
鋸(のこぎり)の刃のような形でした。

川に突き出た突起が、
7ヶ所ある堤防は、
全国でも珍しいものです。

でもこの形が、
水の勢いを止めたのです。
このアイデアは今でも高く評価されてます。

この鋸の刃の形が水の勢いを止めました。

小野仙右衛門らの苦難。

小野仙右衛門を祀る小野神社。

長崎堤防の下流には、
小野仙右衛門をまつる、
小野神社があります。

小野仙右衛門を祀る小野神社です。

小野神社には、
小野仙右衛門の顕彰碑が、
建立されています。

長崎堤防は、
大きな犠牲と困難を伴った、
最大の難工事だったようです。

小野仙右衛門の顕彰碑が建てられました。

心の文字が刻まれた岩。

小野神社の裏の岩には、
仙右衛門が工事の完成を祈って、
刻んだ「心」の文字が残っています。

工事の完成を祈って文字を刻みました。

大変な難工事でも、
必ず完成させようとした、
仙右衛門の執念が伝わってきそうです。

心の文字に仙右衛門の執念が感じられます。

袈裟姫伝説も残ります。

大変な犠牲を伴った工事は、
人柱の伝説も残っています。

仙右衛門の一人娘・袈裟(けさ)が、
進んで人柱になり、
難工事を完成させることができた。

そんな袈裟姫伝説が、
語り継がれるほどの犠牲を払い、
完成したのが長崎堤防だったのです。

小野神社にある長崎堤防の案内板です。

長崎堤防で先人に思いをはせました。

小野仙右衛門のおかげです。

現在は高江の水田地帯は、
川内川の氾濫に、
悩まされることはありません。

それは、遠い昔の、
小野仙右衛門らの多大な、
犠牲のおかげなのです。

長崎堤防に使われた先人の知恵と、
小野仙右衛門らの努力に、
敬意を表すばかりです。

長崎堤防(ながさきていぼう)
鹿児島県薩摩川内市高江町
JR川内駅から国道3号線、
県道43号線を経由して車で約20分

同じ高江町には、
有形文化財の江之口橋もあります。
水の被害を無くす為に作られました。

スポンサーリンク



鹿児島市内のまち歩き情報です。

「鹿児島の御朱印と歴史の歩き方」は、
主に鹿児島県内各地の情報です。

鹿児島市内の情報については、
こちらの観光情報サイトで紹介しています。
鹿児島まち歩き 街案内」をご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする