阿久根漁港のみなとれすとらん・らぼんじょるね

阿久根市は港まちです。
阿久根漁港には多くの漁船が
近海の新鮮な魚が水揚げされます。

そんな阿久根漁港が見える場所に
素敵なフレンチレストランがあります。

お店の名前は、
みなとれすとらん らぼんじょるね
なかなかシャレたお店ですよ。

スポンサーリンク



自宅開放型のレストランです。

らぼんじょるねは、
阿久根漁港の隣接地にあります。
お店の前はすぐ海です。

阿久根漁港に出入りする漁船や、
岸壁に停泊している漁船が、
お店の中からも見えるのです。

オーナーシェフの自宅を開放した、
個人まりとしたレストランです。
みなとれすとらんのイメージがピッタリです。

お店の前には阿久根港の漁船が。

パリ仕込みの料理を提供します。

オーナーは、
パリ郊外のお店で3年間修行した後、
ここ阿久根で開業しました。

地元で獲れる、
新鮮な旬の食材を使った
フランス料理を提供しています。

毎朝、漁港に水揚げされる魚を
中心にしたフレンチです。
これは楽しみです。

みなとれすとらん らぼんじょるね です。

ランチ時間に行きました。

阿久根には
鹿児島から行くときは、
朝に出発して夕方帰るパターンです。

その為に、
阿久根ではランチを食べる事が
多いのです。

伺ったのはランチ時間です。

みなとれすとらん
らぼんじょるねにも、
ランチに行くことにしました。

スポンサーリンク



海に面してウッドデッキがあります。

らぼんじょるねの前は、
岸壁とお店の間に広いスペースがあります。
そこに車を停めました。

らぼんじょるねは、
海に面してウッドデッキがあります。
ここでも食事をすることができます。

お店の看板が掛けてありますが、
いかにも自宅を開放した雰囲気を
感じました。

海に向かってウッドデッキがありました。

玄関から厨房が見えました。

玄関に入ると、
突き当りが厨房になっていて、
シェフが仕込みの真っ最中でした。

一階のテーブル席に案内されました。
二階の席とウッドデッキは、
一階がいっぱいになった時に案内するようです。

らぼんじょるねの窓から、
阿久根の海や漁船が見えて、
みなとれすとらんの雰囲気を演出しています。

玄関から奥に厨房が見えます。

ランチを頼みました。

日替わりランチ(1,000円)を頼みました。
このランチは、その日に仕入れた
魚料理がメインディッシュになります。

それに数種のデザートが、
付くとのことです。
甘党の私は思わずニンマリ。

窓から阿久根の海が見えます。

せっかくでしたので、
500円をプラスして地魚を使った
カルパッチョも奮発しました。

スポンサーリンク



日替わりランチです。

しばらくするとランチが登場しました。
メーンの魚料理がおいしそうです。
これにコーヒーとデザートが付きます。

阿久根の新鮮な魚が料理されます。

500円のカルパッチョも
運ばれてきました。
新鮮な3種類の魚が並んでいます。

3種類の鮮魚のカルパッチョ。

窓からの見える海を見ながら、
メーンの魚料理をパクリ。
みなとれすとらんのフレンチを堪能しました。

メーンの魚料理も美味しい。

待ってましたデザート。

食事を済ませた頃に
コーヒーとデザートが運ばれてきました。

デザートもいくつかあります。
これでだけあれば、何度も言いますが、
甘党の私もウレシイです。

デザートにも満足しました。

みなとれすとらん らぼんじょるねで満足。

今日のランチは、
阿久根漁港のそばにある、
みなとれすとらん らぼんじょるねでした。

窓の外から海が見える、
家庭的な雰囲気の、
フレンチレストラン。

何よりも阿久根漁港の
新鮮な魚で作る魚料理と
沢山のデザートに満足しましたよ。

洋食もいいけど、
新鮮な魚が食べられる和食の、
市場食堂・ぶえんかんも阿久根港です。

みなとれすとらん らぼんじょるね
鹿児島県阿久根市波留6113-19
電話 0996-73-3112
営業 11:30~16:00(ランチは14:00まで)
17:30~21:00
休み 不定休

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする