藤川天神の御朱印、西郷隆盛の愛犬ツンの銅像があります。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県にある様々な情報を、
ゆるーい感じで紹介しています。

来年の大河ドラマは、
西郷(せご)どん」に、
決定しましたね。

西郷隆盛のゆかりの地は、
鹿児島市内にもありますが、
県内の各地にもあるのですよ。

その中から、
薩摩川内市東郷町にある、
藤川(ふじかわ)天神を紹介しますね。

スポンサーリンク



藤川天神には菅原道真公がいた。

藤川天神は、
菅原道真公を祀る神社で、
地元では菅原神社と呼ばれています。

ここまでは、
日本各地にある○○天神や、
○○の菅原神社と同じですね。

でもここ藤川天神には、
菅原道真公が実際にいたという、
伝承があるのです。

実は、大宰府から、
難を逃れて藤川天神まで来て、
ここで余生を過ごしたというのです。

東郷にある藤川天神、別名菅原神社。

臥龍梅は道真公が手植えした。

そして境内には、
道真公が手植えした1株の梅が、
150本の臥龍梅(がりゅうばい)
になったと云われます。

臥龍梅は、梅の幹が、まるで龍が、
地上をはっているように見える梅の木で、
国の天然記念物に指定されています。

藤川天神は、梅の名所で、
3月上旬には多くの梅見客で賑わいます。

また、学問の神様なので、
受験シーズンは、受験生と、
その家族が合格祈願に訪れます。

菅原道真公の臥龍梅(がりゅうばい)

藤川天神の御朱印も頂きました。

私は、神社やお寺に来た時は、
御朱印を頂くようにしています。

藤川天神の御朱印は、
丸印と角印が押された、
シンプルな御朱印でした。

今までに集めた御朱印は、
こちらで紹介しています。

藤川天神の御朱印を頂きました。

西郷どんも参拝に訪れました。

明治6年に下野した西郷どんは、
県内各地の温泉に行き、
野山で猟を楽しんでいたそうです。

藤川天神の近くで猟をしていた、
西郷どんは、参拝に立ち寄り、
境内で近所の犬に出会います。

これがツンと呼ばれる猟犬で、
ピンと耳が立った薩摩犬でした。
西郷どんは一目見て気に入りました。

梅の名所・藤川天神の社殿です。

愛犬ツンの銅像があります。

西郷どんは、犬の所有者である、
東郷町藤川の前田善兵衛に、
ゆずってほしいと頼みます。

最初は、断られたそうです。
しかし、何度かの交渉の末に、
根負けした善兵衛さんはツンを譲ります。

そんな愛犬ツンの銅像が、
藤川天神の参道の脇に立っています。
このツンは今にも走り出しそうですよ。

この銅像のツンは、
鹿児島の彫刻美術の重鎮、
中村晋也先生が造られました。

西郷どん(西郷隆盛)の愛犬ツンの銅像。

上野の西郷さんの犬もツンです。

ちなみに、西郷どんは、
東京の上野公園に銅像がありますが、
あの西郷どんも犬を連れていますよね。

実は、あの犬もツンなのです。
ですからツンは銅像が、
二つもある犬なのですよ。

銅像が2体ある犬はツンだけです。

西郷どんゆかりの藤川天神。

そんなわけで、
西郷どんゆかりの地というのは、
愛犬ツンをとりまく話でした。

ツンの銅像と境内の梅を見ていると、
西郷どんが野山をめぐって、
猟を楽しむ姿が浮かんできました。

西郷どんは、県内各地での、
こんな楽しい日々を過ごした後に、
あの西南戦争に突入していくのです。

西郷どんの愛犬ツンの銅像
藤川天神(菅原神社)の境内
鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川
電話 0996-42-1111
JR川内駅より南国バス「藤川天神」下車。
国道267号の東郷支所より、
県道46号を北上、車で約20分

鹿児島市内の観光情報を知りたい方はこちらから。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方 観光情報は、
主に鹿児島県の地方情報に限って書いてます。

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内」のサイトを、
ご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする