マルス津貫蒸溜所は鹿児島にある本土最南端のウイスキー工場、本坊家旧邸「寶常」も素敵。

鹿児島の歩き方で、
薩摩半島の南端に位置する、
津貫(つぬき)という地区に来ています。

ここには本土最南端のウイスキー工場の、
マルス津貫蒸留所があります。
焼酎ではなくてなんとウイスキーですよ。

スポンサーリンク



津貫とはどんな場所。

津貫という場所は、
鹿児島県南さつま市加世田から、
枕崎方面に行ったところです。

山に囲まれた津貫蒸溜所に着きました。



周りを山に囲まれた、
温暖な気候と山からの湧き水
恵まれた場所なのです。

地の徳性を利用して、
百年程前からさつま芋から、
焼酎が作られていました。

本坊酒造発祥の地。

焼酎を作っていたのは、
焼酎造りの大手本坊酒造です。
津貫は本坊酒造の発祥の地です。

本土最南端のウイスキー工場・津貫蒸溜所にようこそ。



その焼酎造りの伝統を活かし、
新たに取り組んだのが、
なんとウイスキーなのです。

ウイスキーって北の国と思っていました。
ここは、南国・鹿児島の、
本土最南端のウイスキー工場です。

見学の方は寺務所で受付をして下さいね。

シンボルタワーが目印です。

津貫蒸溜所に近づくと、
目に入るのが塔のように、
そびえる背の高い建物です。

蒸溜塔は津貫蒸溜所のシンボルタワーです。



これは旧蒸溜塔です。
あまり目にしない高い塔は、
津貫蒸溜所のシンボルタワーです。

現在は、蒸溜はしていませんが、
内部はマルス蒸溜所の歴史や、
ウイスキー造りの工程が学べます。

蒸溜塔内部の説明をしています。

ウイスキーの貯蔵倉庫。

旧蒸溜塔の横には、
クラシックな石蔵があります。
ここにウイスキーが貯蔵してあります。

ウイスキー樽を貯蔵してある石蔵です。



中に入ると、
うす暗い倉庫の中には、
ウイスキーの樽が並んでいます。

ここでウイスキーは、
じっくりと熟成されながら、
この倉庫から出ていくの待ちます。

ウイスキーはここでじっくりと熟成されます。

ウイスキー蒸溜窯が一望です。

それではウイスキー蒸溜棟に入ります。
蒸溜棟のドアをあけると、
独特のカタチの蒸溜窯があります。

津貫蒸溜所のウイスキー蒸溜窯です。



階段を登ると、
2階の見学部屋に入れます。

見学室の奥にはテレビで製造工程を紹介します。



部屋は両サイドが、
大きなガラス窓になっていて、
ウイスキーの製造設備を一望できます。

2階から工場内部が一望できます。



見学部屋の壁には、
ウイスキーの製造工程を、
パネルと大型テレビで見られます。

スポンサーリンク



本坊家旧邸が隣接しています。

ウイスキー工場を見学した後は、
今日の楽しみにしていた、
本坊家旧邸の中を見に行きました。

工場に隣接して本坊家旧邸の寶常があります。



本坊家旧邸は、
本坊常吉が暮らしていた邸宅です。

本坊家旧邸「寶常」も見学できますよ。



旧家らしく、
伝統的な和風の平屋邸宅で、
美しい日本庭園が広がります。

本坊家旧邸の説明文がありました。

cafe bar&shop 本坊家旧邸「寶常」

この本坊家邸宅は、
Cafe Bar&Shop本坊家旧邸「寶常」です。
としてウイスキーBARになっています。

旧邸を改装したCafe Bar&Shop本坊家旧邸「寶常」です。



寶常は「ほうじょう」といいます。
寶常の中にあるカウンタ―バーでは、
マルスウイスキーが試飲できます。

バーカウンターは和の雰囲気で素敵です。



バーではもちろん、
ウイスキーやコーヒーも楽しめます。
邸宅でのウイスキー、いい雰囲気です。

日本庭園がきれいなカフェバーですよ。

ショップでもお土産を販売。

本坊家旧邸はショップでもあり、
マルスウイスキーを販売します。

ウイスキー以外にも、
オリジナルグッズや、
地元特産品も販売しています。

ウイスキーやオリジナルグッズも販売しています。



私もお土産として、
ウイスキーの小瓶と、
コースターを購入しました。

スポンサーリンク



周り廊下の先には石蔵があります。

本坊家旧邸の中で、
気に入ったのは周り廊下です。
周り廊下から日本庭園が見えます。

日本庭園を囲むように廊下があります。



窓ガラスから見える、
日本庭園に心が落ち着きます。
廊下と庭って、良いですよね。

本坊家旧邸の周り廊下を歩きます。



廊下を曲がると、
オシャレなウッドデッキがあり、
その先にある石蔵に続いています。

周り廊下から出るとウッドデッキがあります。

マルス津貫蒸溜所で楽しみました。

今日はマルス津貫蒸溜所の、
ウイスキー工場を見てきました。
工場見学だけじゃありません。

創業者の旧邸宅を改装した、
cafe bar&shop 本坊家旧邸「寶常」は、
日本庭園が素敵なBARでしたよ。

マルス津貫蒸溜所のウイスキー樽です。



ウイスキーの好きな方はもちろん、
飲めない方もマルス津貫蒸溜所は、
一見の価値がありますよ。

マルス津貫蒸溜所の後は、
加世田の竹田神社で参拝して、
御朱印を頂いてきました。

竹田神社から山に入ると、
やさしい時間」という名前の、
古民家カフェがありますよ。


マルス津貫蒸溜所
鹿児島県南さつま市加世田津貫6594
電話   0993-55-2001
営業時間 9:00~16:00
休日   12月29日~1月3日
入館料  無料
駐車場  あり(24台)


鹿児島市内の観光情報を知りたい方はこちらから。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方 観光情報は、
主に鹿児島県の地方情報に限って書いてます。

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内」のサイトを、
ご覧くださいね。

西郷どん(西郷隆盛)のゆかりの地や、
かごしまラーメンの人気店など、
様々な鹿児島市内の情報が満載ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする