まぐろの舘はいちき串木野市にあるまぐろ漁船のレストラン。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県にある様々な情報を、
ゆるーい感じで紹介しています。

今日はいちき串木野市に来ています。
ここの串木野漁港は、
古くからまぐろの遠洋漁業が盛んです。

そのために、まぐろの町と呼ばれます。
最近では、まぐろを使った、
まぐろラーメンが有名になりました。

スポンサーリンク



まぐろの専門店があります。

そんなまぐろの町に、
地元の水産会社がまぐろ専門店の、
薩摩串木野まぐろの舘」を開いてます。

場所は、いちき串木野市を流れる、
八房(やふさ)川沿いの、
国道3号線に近いところにあります。

まぐろの舘では、
まぐろ料理専門店の料理はもちろん、
まぐろや加工品を販売しています。

また実際の操舵室を模した、
まぐろ漁の資料館もありますよ。

串木野港は古くからまぐろ漁が盛ん。

大きなスクリューがお迎えします。

私は、鹿児島市から国道3号線で、
いちき串木野市に入りました。

焼酎濵田屋伝兵衛さんの、
大きな赤い樽がある「港町」の信号を、
右に折れて山側に進みます。

JR鹿児島本線を通り過ぎたら、
左側に大きな緑色の屋根があります。
ここを左に進むとまぐろの舘です。

まぐろの舘は、
建物全体がまぐろ漁船を模した造りです。
大きなスクリューがお迎えします。

漁船のスクリューがお迎えします。

1階は物産館になっています。

1階部分は物産館になっています。
高級魚の南まぐろをはじめ、
各種のまぐろが販売されています。

また水産加工物もありますので、
食事の後に、お土産として、
買っていかれる方も多いのです。

また日によっては、
迫力のまぐろの解体ショーも、
開催していますよ。

スポンサーリンク



2階のまぐろ料理専門店でランチです。

2階はまぐろ料理専門店の、
松榮丸(しょうえいまる)です。
ここでまぐろ料理のランチを食べました。

お店の中は広くて、
テーブル席は84席と奥に個室があります。
フリーの来店はテーブル席に案内されます。

串木野まぐろ丼(800円税別)。

頼んだのは、手頃な値段の、
串木野まぐろ丼です。800(税別)円です。
他にも1,000円以上のメニューもありますよ。

まぐろは厚く切られて、
ボリューム満点です。
まぐろの美味しさを堪能しました。

まぐろ丼のまぐろは厚くてボリューム満点。

食後には3階の資料館で船長気分。

3階部分は、まぐろ漁の資料館です。
食事の後に覗いてみました。

ここは、まぐろ漁船の操舵室です。
本物の計器類が展示してあるので、
ちょっとした船長気分になりました。

漁船に使われた本物の計器類です。

串木野漁港の、
まぐろ漁の歴史がわかり、
まぐろの町を実感しました。

また船の丸い窓からは、
展望デッキが見えてますよ。
夏はここがビアガーデンになります。

船の丸い窓の外には展望デッキ。

まぐろの舘、まぐろ好きにはいいかも。

いちき串木野市にある、
まぐろの舘に行ってきました。

まぐろ料理もありますが、
資料館なども楽しめました。

まぐろ好きな方には、
いいかも知れませね。

薩摩串木野まぐろの舘
いちき串木野市八房3141-1
電話 0996-29-5515
まぐろ料理専門店・松榮丸
営業時間 11:00~21:00
(土日祝以外は15:00~17:00は準備中)
駐車場 乗用車130台・バス8台

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする