唐船峡そうめん流しは、1年中食べられる人気グルメです。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島県にある様々な情報を、
ゆるーい感じで紹介しています。

鹿児島の南薩摩は、
見どころが多いドライブコースです。
そしてドライブの途中でお腹が空いたら。

立ち寄りたい食事場所が、
唐船峡(とうせんきょう)の、
そうめん流しです。

スポンサーリンク



1年中、営業しています。

そうめん流しって、
暑い夏に食べるものでしょう。
そんな気がしますよね。

でも唐船峡のそうめん流しは、
1年を通して、いつでも食べられるのです。

そうめん好きな私は、
南薩摩にドライブに行ったときは、
良く利用しています。

もちろん、夏休みなどは、
連日、多くの家族連れのお客様が、
訪れるほど人気の南薩のグルメですよ。

唐船峡のそうめん流しは人気グルメ。

唐船峡の周辺は風光明媚です。

唐船峡は、
鹿児島県の南端にある、
指宿市開聞町に位置しています。

昔は近くまで入り江があり、
当時の唐(今の中国)の船の往来があったので、
唐船峡の名前が付けられたそうです。

薩摩富士と呼ばれる開聞岳や、
九州最大のカルデラ湖・池田湖が、
近くにある風光明媚な場所です。

池田湖の伏流水が湧いてます。

池田湖の伏流水は、
唐船峡の渓谷に湧き出してきます。
この水は年間を通して約13度前後なのです。

そのために、この清流を利用した、
唐船峡のそうめん流しは、
夏以外に1年中楽しめるのですよ。

平成の名水百選の唐船峡の湧水。

唐船峡そうめん流しには降りていきます。

唐船峡そうめん流しは、
大きな駐車場のある入口からは、
渓谷までは階段を降りていきます。

階段を降りるにつれて、
空気がひんやりとすると同時に、
そうめん流しへの期待が高まります。

階段が苦手な方には、
エレベーターが用意されています。
お帰りの際は、皆さん利用してますよ。

そうめん流しまでは階段を降りていきます。

チョウザメが泳ぐ池があります。

唐船峡の中には、
清流が湧き出る池があります。
ここには、ニジマスが泳いでいます。

中には、かわった魚、
チョウザメがいました。
透き通った水なので良く見えました。

チョウザメからは、
世界三大珍味のキャビアを、
とるつもりなのですかね。

ニジマスと一緒にチョウザメも泳いでいます。

池の奥には川上神社が鎮座します。

また池の奥には社があり、
川上神社と呼ばれる神様が鎮座します。
この社は池の上に浮かんでいるようです。

近くの開聞岳の麓にある、
薩摩一之宮・枚聞(ひらきき)神社の、
摂社(せっしゃ)という事です。

摂社ですので、
枚聞神社の神様と、
縁故が深い神様なんですね。

川上神社は、
地域の水田や生活を潤してきた、
この水源地を見守ってきたのでしょうね。

川上神社は湧水を見守っています。

スポンサーリンク



唐船峡そうめん流しでは食券を買います。

いよいよ、
そうめん流しをいただきましょう。
その前に販売所で食券を買います。

お昼時の販売所前は、
食券を求める長い行列が出来ます。
夏場はならぶ覚悟がいるかも知れません。

そうめんとおにぎりに、
それにマスの塩焼きが付いた、
人気のB定食(1,340円)を注文しました。

食券売り場は長蛇の列ができますよ。

高い天井が開放的です。

大きなホールの天井は木造です、
しかも高いので、とっても開放的でした。
ホールの床を囲むように水が流れています。

実は、唐船峡そうめん流しは、
指宿市が経営するそうめん流しなのです。
市営のそうめん流しって珍しいですよね。

大きなホールから、さらに奥に行くと、
「長寿庵」と「鱒(ます)の屋」があります。
いずれも市営ではなく民間のお店になります。

長寿庵さんはお蕎麦の名店。長寿庵・指宿店

料金的には、若干お高いですが、
ゆったりした店内やお座敷があったりして、
小さなお子様がいる時はいいと思いますよ。

ホールは木造の高い天井で開放的です。

そうめんが回ります。

いよいよそうめんがきましたよ。
さあ、ここからが楽しみです。
回転式そうめん流し器に投入します。

回転する水の中にそうめんを投入します。

くるくると流れまわるそうめんを、
すくっていただくのです。
水の流れはテーブル下のバルブで調整できます。

鹿児島らしく、少し甘みのある、
特製のつゆにつけて食べると、
とても美味しいのです。

鹿児島人好みの少し甘みのあるツユ。

そうめん流しと流しそうめんの違い。

ところで、ソーメンを流すといえば、
竹を縦に半分に割ったものを使って、
上から流れてきたそうめんをすくいながら、
食べるスタイルを想像しませんか。

あれは、「流しそうめん」と言います。
宮崎県の高千穂が発祥と云われています。
野良仕事の合間に茹でたそうめんを、
高千穂峡の冷たい水で流したそうです。

でも鹿児島、特にこの唐船峡は、
くるくる回る回転式の、
「そうめん流し」の発祥の地です。

ですから鹿児島では、
どこに行っても、この回転式の、
そうめん流し器を置いてあるのです。

唐船峡は「そうめん流し発祥」の地。

スポンサーリンク



そうめん流し発祥の地です。

回転式のそうめん流し器は、
指宿郡開聞町の元町長さんが、
考案したものです。

その後、開聞町が、
回転式そうめん流し器を実用化し、
唐船峡をそうめん流し発祥の地として、
まちをあげてアピールしたのです。

唐船峡がそうめん流しの発祥地と聞くと、
同じ鹿児島県民として、
ちょっと自慢したくなってしまうのです。

そうめん流し器を発案された井上廣則氏。

年中営業していますが、

唐船峡そうめん流しは、
1年中営業をしていますが、
季節によって営業時間が違います。

一番、来客の多い時期の、
7月15日から8月31日は、
10:00から20:00までとなります。

逆に冬の時期の、
11月1日から3月16日までは、
10:00から15:00になります。

写真は人気のB定食です。

南薩に行ったら唐船峡です。

南薩摩にドライブに行った時、
食事する場所が決まっていなかったら、
私は、唐船峡のそうめん流しをお勧めします。

日本の名水百選にも選ばれた、
唐船峡の湧き水を使った、
そうめん流しは外せませんよ。

あなたも良かったら、
立ち寄ってみて下さいね。

唐船峡そうめん流し
鹿児島県指宿市開聞十町5967
電話 0993-32-2143
営業 10:00(ラストオーダーは、
時期により変更あり)
休日  年中無休
駐車場 470台
営業時間はこちらを参考にして下さい。
市営唐船峡そうめん流し
・ JR指宿駅から鹿児島交通バス開聞駅・東大川行き
唐船峡バス停下車(所要時間は約30分)
・鹿児島空港IC→指宿スカイライン頴娃IC→
池田湖経由→唐船峡(所要時間は約2時間)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする