知覧に鎮座する豊玉姫神社の水からくりと御朱印。

鹿児島 まち歩きです。

今日は、鹿児島県の知覧町を、
まち歩きしています。

知覧は、薩摩の小京都と、
呼ばれている歴史ある町です。

特に生垣や石垣がきれいな、
武家屋敷の道をゆっくりと歩くと、
遠い昔の風情を感じることができます。

スポンサーリンク



町のはずれにある神社。

知覧の武家屋敷を、
散策した後に立ち寄ったのが、
この地に昔から鎮座する神社です。

それが豊玉姫神社です。
ヒコホホデノミコ(山幸彦)の妻で、
あった豊玉姫を祀っています。

背後に山があり、
目の前に田んぼが広がる、
町のはずれに社殿があります。

豊玉姫神社の社殿は鳥居から右に曲がります。

島津家の崇敬を受けました。

豊玉姫神社は、
神話の世界に始まりを見ますが、
やがて領主の島津家の崇敬を受けます。

古来より格式が高く、
知覧の鎮守の神様だけではなく、
近隣の人々の信仰を集めていました。

豊玉姫のような、
玉のような美しい子宝に恵まれる、
安産の神様として有名です。

安産の神様でもある豊玉姫神社。

豊玉姫神社の拝殿。

豊玉姫神社の神殿は、
格式が感じられる造りです。
拝殿から奥の社殿まで立派です。

狛犬も阿吽(あうん)と、
それぞれ二匹がいて神社を守ります。

拝殿にて、
二礼二拍手で参拝しました。
その後に拝殿内を拝見しました。

社殿の前には阿吽の狛犬がいます。

授与所にて御朱印を頂きました。

拝殿にて参拝を済ますと、
すぐとなりの授与所(じゅよしょ)で、
御朱印を頂きました。

授与所には、
様々なお守りやお札がありました。
もちろん安産もありましたよ。

しばらくすると、
宮司さんに書いて頂いた、
豊玉姫神社の御朱印ができました。

豊玉姫神社の御朱印をいただきました。

大きな御朱印に、
力強い太い文字で書かれた、
豊玉姫神社の御朱印です。

スポンサーリンク



水からくり人形が奉納されます。

豊玉姫神社には、
全国でも珍しい水からくり人形
奉納されることで有名です。

鹿児島は毎年7月に、
県内全域の神社などで行われる、
六月灯があります。

その六月灯で上演される、
水かりくり人形を見ようと、
2万人近い方が豊玉姫神社に来られます。

水車で動かす水からくりのやかたです。

水からくり人形の小屋がありました。

豊玉姫神社の境内の一角に、
水からくり人形の上演小屋があります。

その小屋には、
人形たちが展示されています。

巌流島の決闘のシーンが描かれます。

普段は動くことはありませんが、
人形たちやその背景を見ることができます。
人形達の素朴な表情にほのぼのとしました。

毎年趣向を凝らします。

この水からくり人形は、
毎年、上演される演目が変わります。
おとぎ話や歴史絵巻から題材をとります。

毎年、趣向をこらした、
水からくり人形の世界を、
ファンの方が楽しみにしているのです。

豊玉姫神社の前には田んぼが広がります。

上演小屋の裏を流れる小川から、
水車を回しながら、
人形を動かす動力を取っているのですよ。

知覧の豊玉姫神社にまた来たい。

今日は、知覧にある、
豊玉姫神社に参拝してきました。

歴史ある社殿で参拝して、
その後に御朱印を頂きました。

また水からくり人形も見ましたが、
次回は六月灯に来て、
水の力で動く人形を見てみたいものです。

豊玉姫神社
鹿児島県南九州市知覧郡16510
電話 0993-83-4335
駐車場 50台(無料)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする