せっぺとべは日置八幡神社で行われるお田植祭りです。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島の様々な情報をゆる~く、
時には詳しくお伝えしています。

今日は鹿児島県日置市の、
日吉町に来ています。
ここで行われるお田植え祭りの、
せっぺとべ」を見にやってきました。

「せっぺとべ」は田んぼの中で、
若者らが飛び跳ねることで有名な、
この地方に昔から伝わる祭りです。

日吉町のお田植祭り・せっぺとべ。

スポンサーリンク



日置八幡神社の神事から。

せっぺとべのお田植祭りは、
日置八幡神社の神事でもあるのです。

日置八幡神社で豊作祈願の後に、
境内では奉納踊りが行われます。

周辺の地区ごとに、
小中学生らが伝統踊りの、
棒踊り、笹踊り、
虚無僧(こむそう)踊りを奉納します。

子供達の笹踊りなどが奉納されます。

境内の田んぼでせっぺとべを奉納。

お田植祭りのクライマックスは、
やはり「せっぺとべ」です。

せっぺとべは、白装束の若者らが、
田んぼで元気よく飛び跳ねて、
豊作を祈るものです。

神社の境内につくられた田んぼで、
白装束を泥んこで染めて、
「せっぺとべ」が奉納されます。

若者達を取り囲んだ、
アマチュアカメラマン達が、
いっせいにシャッターを切ります。

八幡神社でせっぺとべの奉納です。

神様を先頭に「神田」を目指します。

やがて八幡神社の神様が姿を現します。
そして、神社の下にある「神田」に向かいます。
次は、神様の田んぼで神事を行います。

八幡神社の神様がお出ましです。

神様について神社を降ります。
せっぺとべは日吉町では、
年に1度の町をあげての大きな祭りです。

町では老若男女が、
一日中、このせっぺとべを楽しみます。
昔からつづくお田植祭りなのですね。

せっぺとべは町をあげてのお田植祭り。

神田でも神事から始まります。

神社のそばにある、
神田」に到着すると、
ここでも神事が行われます。

この神事も昔から続く、
この季節ならではの光景なのでしょうね。

神事の先では待ちきれない若者たちが、
田んぼに入っています。

神様の田んぼで神事が行われます。

スポンサーリンク



いよいよせっぺとべの始まりです。

神事が終わると、いよいよ、
せっぺとべの始まりになります。

若者たちは元気に飛び跳ねます。

各集落の若者たちが田んぼに入ります。
かれらは焼酎を回し飲みしながら、
景気を付けていますので元気です。

みんなで肩を組みながら、
せっぺとべの歌」をうたい、
泥土の中で飛び跳ねます。

白装束が田んぼの泥で真っ黒。

この飛び跳ねるのは、
害虫や疫病を踏みつぶすためらしい、
また足ふみ耕の名残りとも言われます。

「せっぺとべ」は、
精一杯跳べの意味です。

若者達が輪になります。

やがて神様は神社にお帰りになります。

神事とせっぺとべが終わると、
神様は、八幡神社にお帰りになります。

この後は、神社の裏の広場では、
弓道大会や演芸大会が行われます。
ここでも町民達が集まり楽しみます。

弓道大会や演芸大会も行われます。

伝統を守る姿に感心しました。

日吉町のお田植祭りでは、
子供たちの奉納踊りや、
若者達のせっぺとべを見ました。

町民の方々もせっぺとべを、
ほんとに楽しんでいる様子が、
町のあちこちで見受けられました。

昔からの伝統の祭りを、
いまでも町をあげて守っている事に、
感心しながら帰路につきました。

せっぺとべ開催地
鹿児島県日置市日吉町日置
問合せ  099-292-2111(日置市日吉支所)
開催日  毎年6月第1日曜日
開催場所 日置八幡神社・吉利鬼丸神社
駐車場  有
・JR伊集院駅より車で約15分
・JR伊集院駅より鹿児島交通バスで、
枕崎行きで日置郵便局前下車15分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする