大汝牟遅神社の千本楠を散策して御朱印を頂きました。

鹿児島の歩き方です。

鹿児島の様々な情報をゆる~く、
時には詳しくお伝えしています。

今日は、鹿児島県の日置市、
吹上町にある神社に参拝しました。
三大砂丘の吹上浜の近くに鎮座します。

その神社は大汝牟遅神社です。
(おおなむち)神社と読みます。
なかなか読めないですよね。

大汝牟遅神社は、
色々と魅力ある神社なのですよ。

大汝牟遅神社(おおなむちじんじゃ)

創建ははっきりしません。

大汝牟遅神社の創建には、
様々な説があってはっきりしません。

島津忠久(島津家の創始)が、
鶴岡八幡宮から、
八幡神を勧請したという説。

また奈良の大和明神を、
勧請したという説などがあります。

ただ地元を支配していた、
伊作島津家の尊崇が、
篤かったことは確かです。

伊作島津氏の尊崇が篤かった神社。

神話の話もあります。

昔々ニニギノミコトが霧島に、
降臨されたあとに、しばらく、
ここで宮居されたとも伝えられます。

また古事記にも記されていますが、
貝に濡れた砂を盛ると、
神の御神徳があったそうです。

そのことから、
毎年元旦に吹上浜の砂を、
盛った貝をお供えしています。

潮浜参りと呼ばれるこの風習は、
社殿前に置かれた多くの貝と砂が、
今でも続いていることを教えてくれます。

古事記に記載された風習です。

流鏑馬(やぶさめ)も行われます。

島津忠良(日新公 島津中興の祖)に
より始められた流鏑馬(やぶやめ)が、
毎年11月23日に行われます。

武の国、薩摩では、
各地で流鏑馬が行われていましたが、
現在では貴重な奉納行事になりました。

大隅の四十九所(しじゅくしょ)神社と共に、
四十九所神社の御朱印
大汝牟遅神社の流鏑馬が有名です。
この日には多くの方が参拝されます。

銀杏の木にも祈願しました。

大汝牟遅神社の拝殿にて参拝した後に、
境内の木にも手を合わせました。
この祈願木は銀杏の木でした。

また御神木は楠木で、
拝殿横にありましたよ。
ご神木も触って祈れば願いが叶うそうです。

また境内の奥には、
千本楠」と呼ばれる、
樹齢500年の大楠の森が広がっています。
千本楠は神秘的な雰囲気です。

手を当てましたので願いを叶えて下さい。

御朱印も頂きました。

私は神社に参拝すると、
御朱印を頂くようにしています。
実は私の趣味なのです。

大汝牟遅神社でも、
宮司さんに御朱印を頂きました。
御朱印料300円を納めました。

大汝牟遅神社の御朱印です。

大汝牟遅神社の御朱印は、
神社には珍しい太い字体で書かれた、
素晴らしい御朱印でした。

千本楠の森を楽しみました。

この後に千本楠の森を、
ゆっくりと楽しんだ後に、
鹿児島市への帰途に着きました。

鹿児島県霧島市には、
同じオオナムチと呼んで、
大穴持神社という神社があります。

大汝牟遅神社
鹿児島県日置市吹上町中原2263
電話   099-296-5950
駐車場  10台(無料)
アクセス 指宿スカイライン
谷山ICより車で25分

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする