金山橋は山ヶ野金山と加治木港とを結ぶ酒井手の滝が見える石橋

 

加治木の山中にある金山橋に行ってきました。

加治木の山中にある金山橋に行ってきました。

鹿児島の歩き方です。
姶良町加治木の山中を流れる、
網掛川に架かる金山橋に来ています。

金山橋は山ヶ野金山と、
加治木港との間で物資を運ぶために、
島津家が作った石橋です。

金山橋の横には、
網掛川に流れ込む、
酒井手の滝が見られます。

 

スポンサーリンク

金山橋の場所

金山橋があるのは、
姶良市加治木町の山中です。

金山橋が架かる網掛川の下流には、
龍門滝と龍門司坂があります。
龍門の滝の上流に金山橋があるのです。

龍門司坂から山道を数分進むと、
金山橋への脇道です、ここを右折すると、
金山橋の大きな駐車場が見えてきます。

金山橋の駐車場にはトイレも完備されています。

金山橋の駐車場にはトイレも完備

金山橋の駐車場

金山橋の駐車場は、
トイレも整備された大きなものでした。

駐車場の目の前には、
酒井手の滝と金山橋が見えます。

この駐車場は、
まさに酒井手の滝と金山橋の、
展望所として整備されたようですね。

金山橋から酒井手の滝が良く見えますよ。

金山橋から酒井手の滝が良く見えますよ。

金山橋の解説板がありました。

金山橋を渡ると、
解説板がありました。
姶良市の指定文化財になっていますね。

網掛川にかかる金山橋は姶良市の指定文化財です。

網掛川にかかる金山橋は姶良市の指定文化財

名前からもわかるように、
上流の山ヶ野金山の、
金鉱石や物資の運搬に使われました。

島津家が金山経営のために、
明治13年頃に造ったそうです。

指定文化財の金山橋の解説がありました。

指定文化財の金山橋の解説がありました。

金山橋の観光用の案内板

金山橋の解説板は、
もう一つ観光案内板もありました。

金山橋の観光案内図もありました。

金山橋の観光案内図もありました。

こちらはイラストで、
金山橋の様子を解説しています。

観光案内図で金山橋のビューポイントを教えてくれます。

金山橋のビューポイントを教えてくれます。

川床からの高さが約10mもあるので、
下から見上げると迫力があり、
河原にビューポイントがあるそうです。

 

スポンサーリンク

用水路の道を進みます。

ビューポイントを目指して、
用水路が流れる道を進みます。

用水路がある金山橋のビューポイントへの道です。

用水路がある金山橋のビューポイントへの道

金山橋の古い石碑が、
あちこちにあります。
なんだかとっても良い雰囲気です。

昔の金山橋の一部があり雰囲気のある道です。

昔の金山橋の一部があり雰囲気のある道です。

ここを降りると、
ビューポイントがありますと、
丁寧な看板がありました。

金山橋のビューポイントはここから降ります。

金山橋のビューポイントはここから降ります。

滝が見えるビューポイントでした。

坂道を下り河原に降ります。
河原から金山橋を見ると、
金山橋のアーチの中に滝が見えます。

金山橋のアーチの中に酒井手の滝があります。

金山橋のアーチの中に酒井手の滝があります。

酒井手の滝には、
四つの滝があるのですが、
それらが金山橋のアーチにあります。

金山橋を紹介する観光パンフには、
この景色が良く使われています。

それでも実際に見ると、
金山橋と酒井手の滝のコラボに、
感動してしまいました。

金山橋のビューポイントからの眺めに感動しました。

金山橋のビューポイントからの眺めに感動

金山橋に行ってきました。

今日は加治木町にある、
金山橋と酒井手の滝を見てきました。

山の中かと思っていましたが、
行くまでの山道や整備された、
駐車場にはトイレも完備されてました。

金山橋と酒井手の滝を、
一緒に見られる展望ポイントもあり、
手軽に楽しめる場所でした。

金山橋から下流に行くと、
日本の滝百選の龍門滝がありますよ。龍門滝は日本の滝百選にも選ばれた薩摩の名所です
日本の滝百選に選ばれた龍門滝です。

日本の滝百選に選ばれた龍門滝です。

金山橋と酒井手の滝
鹿児島県姶良市加治木町小山田34-1
駐車場 有
九州自動車道「加治木IC」より車で約10分
JR加治木駅より車で約15分

鹿児島市内の観光情報はこちら

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内で紹介します。

鹿児島まち歩き 鹿児島市の観光案内

鹿児島市にある鶴丸城の御楼門です。

鹿児島市にある鶴丸城の御楼門です。

 

タイトルとURLをコピーしました