そらまどは南さつま市大浦町の久保集落にオープンした築50年の古民家ブックカフェです。

 

古民家ブックカフェそらまどにお邪魔しました

古民家ブックカフェそらまどにお邪魔しました


 
鹿児島の歩き方です。
今日は南さつま市の大浦町にある、
古民家ブックカフェを紹介します。

ブックカフェの店名は、
そらまど」と言います。

そらまどは、
古民家を改装した、
古本屋とカフェのお店です。

 

スポンサーリンク

古民家ブックカフェそらまどの場所

古民家ブックカフェそらまどは、
鹿児島県南さつま市の大浦町です。

大浦(おおうら)町は、
南さつま市の市街地からも、
離れた薩摩半島の南端に位置します。

そらまどがあるのは、
南さつま市大浦支所からも、
さらに奥に入った久保集落です。
 

古民家ブックカフェがあるのは大浦の久保集落

古民家ブックカフェがあるのは大浦の久保集落

築50年の古民家を改装

そらまどは、
久保集落の一角にありますが、
築50年の古民家です。

道路沿いの古民家ですが、
ここがブックカフェと知らなければ、
そのまま通り過ぎてしまいそうです。
 

築50年の古民家がブックカフェになりました

築50年の古民家がブックカフェになりました


 
入口にブック&カフェそらまどの、
オシャレな看板があります、
古民家の奥に駐車場があります。
 
オシャレな Books & cafe そらまど のサイン

オシャレな Books & cafe そらまど のサイン

古民家ブックカフェそらまどの店内

古民家ブックカフェそらまどの、
入口にはストーブの前に、
ウエルカムボードがありました。
 

薪ストーブの前にはウエルカムボード

薪ストーブの前にはウエルカムボード


 
ブックカフェとは、
古本屋さんとカフェが、
一緒になったお店なのです。
 
古本屋とカフェが一緒になったブックカフェそらまど

古本屋とカフェが一緒になったブックカフェそらまど


 
店内の本棚には、
古本がジャンルごとに、
展示販売されていますよ。
 
ブックカフェそらまどには何故かピアノが

ブックカフェそらまどには何故かピアノが


 
値段は色分けされた、
ラベルが貼られています。
 
本の料金は色分けラベルが貼ってあります

本の値段は色分けラベルが貼ってあります

そらまどのカフェコーナー

本棚の横がカフェコーナーです。
こちらにはソファとテーブルや、
窓側にはカウンタ―席もあります。
 

ブックカフェそらまどのカウンタ―席

ブックカフェそらまどのカウンタ―席


 
私はカウンタ―席で、
購入した古本を読みながら、
コーヒーを頂きました。
 
コーヒーを頂きながら本を読みます

コーヒーを頂きながら本を読みます


 
コーヒーカップには、
「そらまど」の文字が入ってます。
なかなかオシャレですよね。
 
コーヒーカップにはそらまどの文字

コーヒーカップにはそらまどの文字

そらまどのメニュー

そらまどでは挽きたてコーヒーの他に
紅茶やジュースが頂けます。
飲物はすべて350円なのです。
 

そらまどのメニューは黒板でした

そらまどのメニューは黒板でした


 
また奥様が焼いた、
手作りクッキーもあります。
 
手作りクッキーも販売します

手作りクッキーも販売します


 
さらに畑で収穫して加工した、
自家製ジャムも販売されていました。
南薩のお土産にいいかも知れませんね。
 
自家製ジャムも販売されていました

自家製ジャムも販売されていました

そらまどのオーナー

古民家ブックカフェのオーナーは、
窪壮一朗さんという方です。

窪さんは都市部で公務員として、
働いていましたが、2011年に、
大浦に移住して農業を始めました。
 

オーナーの窪さんは官僚を辞めて農業を始めました

オーナーの窪さんは官僚を辞めて農業を始めました


 
出来た作物や農産加工品を、
販売するショップサイトの、
南さつの田舎暮らし」を運営します。

 

スポンサーリンク

クラウドファンディングでオープン

もともとこの古民家は、
農地を借りた際に頂いたそうです。
長く放置されていた空き家でした。

大浦町に限らず、
鹿児島の過疎地には、
この空き家が増えています。

窪さんはこの空き家を、
大浦の文化拠点になればと、
ブックカフェにしようと思いました。
 

ブックカフェそらまどを大浦の文化拠点に

ブックカフェそらまどを大浦の文化拠点に


 
そこで古民家の改装費用を、
クラウドファンディングで募り、
達成してオープンしたそうです。

古民家ブックカフェに期待

古民家ブックカフェそらまどは、
そんな訳で誕生しました。

そんなブックカフェそらまどで、
購入した本は日高旺(うまし)氏の、
風景が語る美しき故郷かごしまです。

挽きたてのコーヒーを頂き、
読み応えのある古書を読みながら、
まったりとした時間を過ごしてきました。
 

元南日本新聞社社長の日高旺氏の本に出合いました

元南日本新聞社社長の日高旺氏の本に出合いました


 
窪さんの思いが実り、
そらまどが大浦の文化拠点になれば、
期待しながら帰りました。
 

また窪さんは加世田・万世にある、
丁子(ちょうじ)屋さんの石蔵で、
月に一回石蔵ブックカフェを開いています。

石蔵ブックカフェは丁子屋さんの石蔵で行われる南薩の田舎暮らしとつばめ文庫のコラボ企画

丁子屋産の石蔵で石蔵ブックカフェが開かれます

丁子屋産の石蔵で石蔵ブックカフェが開かれます

 

石蔵ブックカフェで、
一緒にカフェを開くつばめ文庫の本店です。
つばめ文庫は鹿児島市内にあります。

鹿児島市のつばめ文庫本店です

鹿児島市の古本屋・つばめ文庫本店です

鹿児島市の古本屋・つばめ文庫本店です

 
古民家ブックカフェそらまど
鹿児島県南さつま市大浦町13647
電話  090-5767-9768
営業時間 金・土曜日13:00~18:00
駐車場  有
鹿児島交通バス「久保」バス停
 

 

鹿児島市内の観光情報はこちら

 

鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き街案内で紹介します。
鹿児島まち歩き 鹿児島市の観光案内

鹿児島市にある鶴丸城の御楼門

鹿児島市にある鶴丸城の御楼門

 

タイトルとURLをコピーしました