鹿児島県指宿市の鰻池で西郷どんのシャツを見て、鰻温泉のスメ料理を頂きました。

今日は、指宿にある、
うなぎ池にやってきました。
指宿市街地からも車で15分の場所です。

うなぎ池には鰻温泉があり、
あちこちから白い噴気があがり、
ひなびた温泉地はとても静かです。

このうなぎ温泉に逗留していたのが、
西郷どんと呼ばれていた、
西郷隆盛翁なのですよ。

スポンサーリンク

鹿児島県指宿市の鰻池で西郷どんのシャツを見て、鰻温泉のスメ料理を頂きました。

うなぎ池に訪れるのは、
実は、今回は2回目なのです。

うなぎ池とうなぎ温泉については、
前回の訪問時に、
色々と紹介してあります。

西郷どんが、
うなぎ池で過ごされた様子も、
紹介していますのでご覧くださいね。

 

西郷どんゆかりの鰻池と鰻温泉です。うなぎ池

フィールドワークで来ました。

今回の訪問は、
かごしま検定のグランドマスターの、
フィールドワークでやってきました。

かごしま検定とは、
鹿児島の観光・文化についての、
検定試験のことです。

その鹿児島検定で、
最高位の検定試験に合格者が、
グランドマスターなのです。

そのグランドマスターが、
実際に野外で勉強しようというのが、
フィールドワークなのです。

 

フィールドワークで鰻温泉に行きました。

西郷どんのシャツがあります。

うなぎ温泉に来た目的は、
西郷どんが残したシャツを、
見せて頂くためなのです。

うなぎ池では、
西郷どんが逗留していましたが、
その足跡が残っています。

特に逗留していた家主に、
お礼に置いていったのが、
自分が着ていたシャツなのです。

スポンサーリンク

福村さん宅にお邪魔しました。

西郷どんが鰻池で、
逗留していたお宅にお邪魔しました。

西郷どんはここに泊まり、
周辺の山野で狩猟を、
楽しんでいたそうです。

夜になると、
温泉に浸かったとのことです。
鹿児島に下野した後、
狩猟と温泉三昧の日々を過ごしました。

 

西郷どんは狩猟と温泉を楽しみました。

西郷どんのシャツを見ました。

うなぎ温泉を離れる際に、
泊めてもらったお礼に、
連れてきた猟犬をやろうとします。

犬は怖いと言うと、
それならと西郷どんは、
着ていたシャツを置いていきます。

当時は、
シャツは非常に高価なもので、
お礼の品になったのでしょうね。

 

西郷どんのシャツが残されていました。

大きな身体だったのでしょう。

シャツを見ると、
西郷どんの大きな身体が、
想像できます。

他にも様々な物を、
西郷どんは残していっています。

 

シャツ以外にも残したものがあります。

 

このシャツは、
COCCOはしむれ内に作られた、
いぶすき西郷どん館に展示されます。

大河ドラマ「西郷どん」の、
放映期間の1年間展示されます。

このシャツは、
2018年1月12日から、
2019年1月14日まで見られます。

スポンサーリンク

区営の鰻温泉がありました。

うなぎ温泉には、
区営のうなぎ温泉があります。
ここはいつでも入れますよ。

 

西郷どんゆかりの区営鰻温泉です。

 

西郷どんの湯では、
温泉卵も頼むことができますよ。
お風呂に入っている間に作ります。

この温泉卵を作るのが、
スメ」と云われる温泉の、
蒸気を使った天然のかまどです。

 

鰻温泉の蒸気を使ったスメです。

スメ料理を頂きました。

うなぎ温泉の横には、
スメが作られています。
そこで「スメ料理」を頂きました。

 

地元の食材をスメで料理しました。

 

スメで料理されたのは、
玉子にカライモやオクラです。
地元のとれた食材を使います。

スメで作った、
温泉卵はまた一味違いますよ。

 

スメで作ったゆで卵です。

西郷どんゆかりのうなぎ温泉。

今日は西郷どんゆかりの、
うなぎ温泉でスメ料理を頂きました。

また西郷どんが着ていた、
大きなシャツも見てきました。

今日は、うなぎ温泉で、
西郷どんの足跡を感じてきました。

 

区営うなぎ温泉
鹿児島県指宿市山川成川6517
電話  0993-35-0814
大人  200円・小学生以下100円
営業  8:00~20:00(受付~19:30)
休み  第一月曜日
駐車場 20台
JR山川駅から車で約10分

鹿児島市内の観光情報はこちら

鹿児島のあるき方 観光ガイド情報は、
鹿児島県の地方情報を紹介しています。
鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内で紹介します。

 


 

タイトルとURLをコピーしました