鹿児島県霧島市隼人町の木造駅舎・嘉例川駅で観光列車のはやとの風と遭遇しました。

 

嘉例川駅で観光列車のはやとの風に遭遇しました。

嘉例川駅で観光列車のはやとの風に遭遇しました。


 
鹿児島県霧島市の、
嘉例川(かれいがわ)駅に、
立寄った時のことでした。

たまたまホームに、
入ってきた列車は、
はやとの風」でした。

丁度、到着したので、
嘉例川駅と一緒に紹介しますね。
 

スポンサーリンク

県内最古の木造駅舎。

先ずは、嘉例川駅からです。
嘉例川駅の駅舎は木造なのです。
しかも鹿児島県内で最も古い駅。

非常に貴重な物ですので、
登録有形文化財になっています。

無人駅ですが、
現在でも現役なのですよ。
 

嘉例川駅の木造駅舎は県内で最古です。

嘉例川駅の木造駅舎は県内で最古です。

トリップアドバイザーでも紹介。

JR九州や地元の観光協会が、
嘉例川駅をPRしています。

また世界的な旅行口コミサイト、
トリップアドバイザーの、
エクセレンス認証を受けました。

そのために多くの方が、
その古い木造駅舎を見ようと、
毎日のように訪れているのです。
 

嘉例川駅の改札口、現在は無人駅です。

嘉例川駅の改札口、現在は無人駅です。

はやとの風は観光列車です。

次に、はやとの風ですが、
2004年、九州新幹線が、
部分開業した時に運行を開始しました。

九州新幹線の効果を、
さらに高めるために作られた、
新幹線に接続する観光列車でした。
 

新幹線に接続する観光列車のはやとの風です。

新幹線に接続する観光列車のはやとの風です。


 
その後、JR九州は、
多くの観光列車を走らせますが、
そのはしりがはやとの風なのです。
 

スポンサーリンク

黒い車体が入ってきます。

私が、嘉例川の駅舎を、
見学しているときに、たまたま、
はやとの風が入ってきました。

これはラッキーと思い、
写真に収めようとホームで待ちました。
 

嘉例川駅に黒い車体のはやとの風が入ってきました。

嘉例川駅に黒い車体のはやとの風が入ってきました。


 
やがて黒い車体に、
塗装された「はやとの風」が、
近づいてきました。
 
はやとの風が嘉例川駅の駅舎に合います。

はやとの風が嘉例川駅の駅舎に合います。


 
落ち着いた黒い色の車体は、
嘉例川駅の古い駅舎に、
何だかマッチしているようです。

木造りの温かい内装。

はやとの風の内装は、
木材を使っているので、
とても温かみがあります。

木材の色も明るいので、
列車の中は非常に明るいのです。
 

内装は明るい色の木材を使っています。

内装は明るい色の木材を使っています。


 
車窓から外に向かって、
イスが配置された、
展望席も用意されています。

嘉例川駅での停車時間は5分。

はやとの風は、
嘉例川駅では5分間停車します。
さすが観光列車ですよね。

5分間の内に、
乗客の方々は、木造駅舎を、
見学したり記念写真を撮ったりします。
 

嘉例川駅では隼人の風は5分間停まります。

嘉例川駅では隼人の風は5分間停まります。


 
列車から降りたお客様は、
皆さん思い思いに、
嘉例川駅舎を楽しんでいるようです。
 

スポンサーリンク

客室乗務員が車掌も担当。

はやとの風は、
肥薩線の吉松駅と鹿児島中央駅を、
1日に2往復が運行されています。

列車の中で、
乗客のお世話をするのが、
客室乗務員のお嬢さんです。

車掌が乗務しないときは、
車掌の代わりに社内改札を、
行うこともあるそうです。
 

右側の客室乗務員は停車時間は忙しいのです。

右側の客室乗務員は停車時間は忙しいのです。


 
嘉例川駅では、
記念撮影のシャッターを押したり、
発車時間の呼びかけをしたり、
短い停車時間に動き回ります。

嘉例川駅ではやとの風を見送りました。

あわただしい停車時間が、
過ぎると嘉例川駅を後にします。

たまたま、
嘉例川駅に居合わせた私は、
はやとの風を見送ったのです。

 
JR嘉例川駅(かれいがわえき)
鹿児島霧島市隼人町嘉例川


 

鹿児島市内の観光情報はこちら

鹿児島のあるき方 観光ガイド情報は、
鹿児島県の地方情報を紹介しています。
鹿児島市内の情報については、
鹿児島まち歩き 街案内で紹介します。

 


 

タイトルとURLをコピーしました